『イッテQ』よしこの“座禅ポーズ”に騒然「尊師みたい」「空中浮遊かな」

『世界の果てまでイッテQ!』ガンバレルーヤよしこの座禅ポーズに「尊師みたい」騒然

記事まとめ

  • 日本テレビ系『世界の果てまでイッテQ!』でカレンダー用の写真を撮るロケ企画を放送
  • ガンバレルーヤの2人と椿鬼奴、オカリナがスロベニアを訪問しトランポリンに挑戦した
  • よしこの座禅ポーズ≠ノは「尊師の空中浮遊に見えてしまう」とツッコミが相次いだ

『イッテQ』よしこの“座禅ポーズ”に騒然「尊師みたい」「空中浮遊かな」

『イッテQ』よしこの“座禅ポーズ”に騒然「尊師みたい」「空中浮遊かな」

『イッテQ』よしこの“座禅ポーズ”に騒然「尊師みたい」「空中浮遊かな」の画像

12月8日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で、『ガンバレルーヤ』よしこの服装、ポーズが「まるで宗教家みたい」との指摘が相次いだ。



この日、ガンバレルーヤの2人は椿鬼奴、オカリナとともにスロベニアを訪問。各地の絶景をバックにカレンダー用の写真を撮るロケ企画「カレンダープロジェクト」に臨んだ。


一行は、10メートル四方の巨大トランポリンを地上10メートルの位置につるすアトラクションで遊ぶ光景を写真に収めることにした。一行は現地の屋内トランポリン施設を訪れて練習することに。子供たちがトランポリンを楽しむ中、ピンクのジャージを着たよしこらも挑戦した。



ピンクのジャージにあぐらでジャンプ

インストラクターは、寝た状態から足と手の力を使い、反動で跳ぶ技を見せて4人にマネするよう指示を出した。しかし、4人いずれもインストラクターのようには跳べなかった。よしこはあぐらをかいた状態で何度もトランポリン上で飛び跳ねる形に。番組側は「全員センスゼロ」とのテロップを入れて笑いに変えていた。


運動不足からか、トランポリン技術を身に付けられなかった4人だが、最終的には空中の巨大トランポリンの上で写真を収めることに成功。無事に「カレンダープロジェクト」用の企画は終了した。


視聴者は4人がトランポリンで悪戦苦闘する様子を温かい目で見守っていた。一方、ピンクのジャージに身を包み、トランポリンの上であぐらをかき座禅ポーズ≠ナ何度も飛び跳ねていたよしこの姿にはツッコミが相次いだ。


《トランポリン×よしこ=尊師やなぁ…》

《どこぞの尊師の空中浮遊に見えてしまう》

《ガンバレルーヤよしこ、一瞬だけ尊師乗り移ってて草》

《ピンク着てるもんで空中浮遊にしか見えないwww》

《よしこがケツで空中浮遊してるようにしか見えねえ…》


鮮やかなピンク色の服を着ることが多いよしこだが、色をチェンジすることを検討すべきかもしれない。




関連記事(外部サイト)