『TOKIO』の農作業に“間違い指摘”「マジで危ない」「ダメっ!」

TOKIOの稲刈り作業に視聴者からツッコミ相次ぐ「マジで危ない」「太一の左手が逆手」

記事まとめ

  • 日本テレビ系『ザ!鉄腕!DASH!!』でTOKIOメンバーが毎年恒例の稲刈り
  • 城島茂、国分太一、松岡昌宏が集まり、城島には福島市の地元住民から結婚祝いも
  • 一部視聴者からは、逆手で稲を持つメンバーに「気になり過ぎる」「危ない」とツッコミ

『TOKIO』の農作業に“間違い指摘”「マジで危ない」「ダメっ!」

『TOKIO』の農作業に“間違い指摘”「マジで危ない」「ダメっ!」

画/彩賀ゆう(C)まいじつ

12月8日放送の『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)で、毎年恒例の稲刈りの模様が流れた。視聴者は温かい目で『TOKIO』メンバーの収穫の模様を見守っていたが、毎度変わらぬメンバーの作法≠ノ、稲作に詳しい一部視聴者は「見ていられない」「稲の実入りに意識がいかない」などとツッコミを浴びせていた。



福島市で9月下旬、地元住民の協力のもと、19度目の稲刈りに挑戦。城島茂は「すごい実が詰まってる」と満足げ。うま味を凝縮させるために10日間ほど棒がけ≠オて水分を取った。背の高い稲は成長を待って10月に刈り取った。10月半ば、城島、国分、松岡らが集まり、稲を脱穀、精米して白米に。米を釜炊きし、地域住民が作った梅干しや昆布、豚汁、肉じゃがとともに味わった。


最後は結婚を発表した城島に、地域住民が稲わらで亀形のたわしを2つプレゼント。今年の米の収穫もつつがなく終了した。



稲の持ち方にハラハラ「順手じゃないと…」

微笑ましく収穫を見守っていた視聴者が多かったが、TOKIOメンバーの様子にはハラハラしていたようだ。メンバーは左手で稲をつかみ、右手に鎌を手にしていたが、稲をつかむ左手は一様に「逆手」。地面に左手親指を向けて稲を持ち、鎌で刈り取っていた。


一部視聴者はこの作法≠ェ気になった様子だった。


《TOKIO、何で稲刈り逆手なの。農家さんみんな順手よ?》

《稲刈りの逆手が気になり過ぎて稲の長短が気にならない》

《毎年恒例の稲刈り。鎌で稲刈りするとき、リーダーや太一君逆手でするような?》


「持ち方がおかしい」との指摘は今年に限らない。ネットを見る限り、毎年のようにツッコミが出ているようだ。


《TOKIOの稲の狩り方マジで危ない》

《ダメっ!あれは指を切る危険がある間違いの持ち方! 順手で持つべしなのー。…左手親指が上にあるように持つの!》

《稲刈りのときの、太一の稲を持つ左手が逆手。順手じゃないと危ないよ》

《テレビで稲刈り放送するときって逆手で持たなきゃいけない何かがあるのかね》


注意するスタッフはいないのだろうか。




関連記事(外部サイト)