氷川きよし“ついに”カミングアウト!? 「つらかったね…」と同情の声も

氷川きよし“ついに”カミングアウト!? 「つらかったね…」と同情の声も

氷川きよし“ついに”カミングアウト!? 「つらかったね…」と同情の声もの画像

演歌歌手・氷川きよしの発言にネットがざわついている。氷川は『週刊新潮』12月19日号に掲載された記事で、記者の直撃取材に自らの思いを隠すところなく語っているが、その言葉は騒然とするような内容だった。



最近の氷川といえば、ムダ毛のない生足を始球式で披露したり、かつての王子様スタイルからミステリアスで妖艶な姿へと変貌を遂げたりするなど、ビジュアル面の変化に大きな注目が集まっていた。


スタイルの変貌については、「デビューして20年たったことが大きい」と言い、ビジュアルの変化を褒められることについては、「キレイと言われるのはうれしいけど、逆にブスって言われるのはつらい。性格ブスにもなりたくないから――」などと語っている。


また、「みんなが求める『氷川きよし』に徹してきたけど、40歳を過ぎて、人としてもっと表現の幅を広げたいという気持ち」「男らしく生きてほしいって言われると、自殺したくなっちゃうから、つらくて……」と告白したという。



実質的なカミングアウト?

この氷川の言葉がネットニュースとして配信されると、コメント欄には、


《もう十分演歌のプリンスで頑張ったから、自分を解放させてあげていいと思う。応援します。》

《義務感や型にはめられた生き方、つらかったでしょうね。演歌の枠にとらわれないパフォーマンスを期待しています!》

《ちょっと驚いたけど、とってもキレイだし音楽の世界も広がって、離れて行くファンもいる代わり、新しいファンも増えるんじゃないですか? 一度の人生、思い通りに生きられるなら、その方ががいい。楽しんで下さい。》


など、励ましの言葉が相次いだ。


一方、芸能人に厳しい匿名掲示板でも、


《きよ姐ついに公式に解禁なの!?》

《ふわっとカミングアウトしてきたね》

《うん、もういいんじゃないかな。ずっと押さえつけてきたもんね》

《そうなる前に自分を出せたのはよかった》


などと、こちらも賛同のコメントが目立つ。


当の氷川は11月に公式インスタグラムを開設したが、11月25日にウエディングドレス姿を披露し、「氷川くん花嫁さんになるのかな…?」といった声も上がっていた。果たして今回の発言は実質的なカミングアウト≠ネのだろうか。




関連記事(外部サイト)