Matt“職業・音楽家”本領発揮に仰天!「歌うま過ぎワロタww」

Matt“職業・音楽家”本領発揮に仰天!「歌うま過ぎワロタww」

Matt“職業・音楽家”本領発揮に仰天!「歌うま過ぎワロタww」の画像

元プロ野球選手・桑田真澄氏の次男で音楽家のMattが、自身のインスタグラムに投稿した内容が話題になっている。



Mattはインスタのストーリーズに、フォロワーから来た《Matt様は人間関係めんどくさいなって思ってきたらどうしてますか?》という質問に対し、


《特定の人のことがイヤってことだよね? 僕は1ミリでも嫌だなと思った瞬間秒で縁切るよ!》

《その人に合わせてる暇なんかないよ だって自分の人生だし切るも切らないもこっちの勝手じゃない? 曖昧な関係は面倒だから好き嫌いはハッキリした方がいい》


と、回答。また、女性芸能人の先輩にかわいがられる一方で、大御所の男性芸能人と親交を深めるのは苦手ではないかという指摘に反応し、


《僕は年上や権力のある人に媚びたりする人生送らないから。人生の先輩? 芸能界の先輩? 別に尊敬してる人でもない人に媚びる必要なんてないからw 自分で切り拓くから大丈夫》


と主張した。さらには、


《人の力なんて必要ない。媚びたら売れるわけ? そういう常識があることがおかしいから。常識が間違ってることだってある》

《またこの文章を見てお前は親父のどうたらこうたら≠チてつぶやく人いるだろうけど ほんとにShut up!ってかんじ》


と、怒りをにじませる言葉を残した。



“音楽家のMatt”の実力にネット民掌返し

このMattの発言がネット上でニュースとなり、音楽家のMatt≠ニ紹介した記事が拡散すると、


《Mattって音楽家だったの? 知らなかった〜》

《やってるのは知ってるけど、音楽家のっていわれると、、、》

《坊ちゃんの戯言って感じだよね。音楽家なら音楽家の仕事しっかりやってから言えよと思った》


など、主張よりも職業・音楽家≠フ方に反応がいってしまったようだ。


それが目に届いたのかどうかは不明だが、12月9日に《ちょっと歌ってみた》というコメントとともに、Mattは自身が作詞・作曲した歌を歌う動画を投稿。すると、コメント欄には、


《まっって、、スゴ過ぎて、、》

《うま過ぎワロタ笑笑笑笑笑笑 叫んだわ》

《ちょ、、これぞ予想もつかなかった歌声》

《Matt様お上手過ぎる!!!! いい意味で裏切られました 今後のご活躍が楽しみ過ぎます》


などと、大反響の声が数多く届けられた。














View this post on Instagram



















・ ちょっと歌ってみた?? 『予想もつかないStory』 作詞作曲 Matt フルバージョンは12/24公開?


A post shared by Matt様 (@mattkuwata_official2018) on Dec 8, 2019 at 9:53pm PST




スマホの画像加工アプリを使った「Matt化」が話題になっているが、本業は音楽家であることをあらためて世間に示したMatt。今回、投稿した歌のフルバージョンは12月24日に公開予定だそうだが、クリスマスイブを過ごすカップルにズバッと届きそうだ。




関連記事(外部サイト)