フジモン『東大王』での“態度”に批判続出「見るのやめた」「不快だ」

フジモン『東大王』での“態度”に批判続出「見るのやめた」「不快だ」

フジモン『東大王』での“態度”に批判続出「見るのやめた」「不快だ」の画像

タピオカドリンク店脅迫事件で芸能活動を自粛し、今や国民の敵≠ニ言えるほどの反社会的存在となってしまったタレント・木下優樹菜。しかし、その嫌われっぷり≠ヘ木下本人のみならず、夫である『FUJIWARA』藤本敏史にまで及んでいるようだ。



もはや説明不要と言っていい木下の脅迫事件。その顛末は木下の反社会性を示すに有り余るもので、《事務所総出でやりますね》というメッセージは、今や定義困難≠ニ閣議決定された反社会勢力に十分該当すると思わせるほどだった。さらに、木下がタピオカよりも真っ黒な炭になるほど大炎上したため、その火は夫である藤本にまで延焼。妻ほどではないもののイメージダウンを引き起こしてしまい、すっかり夫婦そろっての嫌われキャラ≠ニなってしまった。


この傾向は、視聴者の声からも読み取ることができる。現在、藤本は「FUJIWARA」で『東大王』(TBS系)に準レギュラーとして出演中。しかし、ネット上には、


《東大王、何でフジモンしれっと出てるの?? 嫁どうした???》

《フジモン、一応出てるんだw 干されてると思ってたw》

《東大王好きだけど フジモン見たくないわ》

《げ、東大王にフジモン出てるじゃん》


などといった声が多く、藤本の出演そのものが歓迎されていないと分かる。



妻の不祥事で自身も深刻な好感度ダウン…

同番組内の藤本は「芸能人チーム」の一員として、現役東大生で組まれた「東大王チーム」とクイズ対決を繰り広げている。もちろん、正面からの知力対決では勝てないため、藤本の主な役割はガヤ≠入れて番組を盛り上げること。しかし、妻の炎上によって好感度ダウンが著しい昨今では、得意のガヤを入れても、


《フジモンきも過ぎうるさ過ぎて東大王見るのやめた》

《東大王に勝ったら100万で茶々入れまくりのフジモン。嫁と一般人に難癖つけてたのに良いご身分だな》

《フジモンウザい。一言が余計》

《さんまのお笑い向上委員会のフジモンはしおらしいフリをしてるのに、東大王では東大の人たちへの態度や野次の内容など随分と伸び伸びされて》

《フジモンのガヤがうるさい。本人たちはそれが仕事なんだろうけど、見ているこっちはそれが不快に感じる》


など、散々な評価。出演そのもののみならず、番組中の対応にも苦言を呈されてしまっている。


思えば、妻と出会うきっかけは『クイズ!ヘキサゴンII』(フジテレビ系)だった藤本。同じクイズ番組でたたかれてしまうとは、何とも皮肉な話だ。




関連記事(外部サイト)