中居正広『槇原敬之逮捕』にカコつけて“SMAP同窓会”を提案か

中居正広『槇原敬之逮捕』にカコつけて“SMAP同窓会”を提案か

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

かつての仲間だった『新しい地図』の3人、稲垣吾郎、草g剛、香取慎吾が、昨年末から勢いを加速させていることに、中居正広の焦りは相当だという。



「民放きってのジャニーズ局である日本テレビが、3人を大みそかの特番で起用。その後、稲垣、香取は続々と画面露出。草gも連続ドラマが決まりそうです。一方で中居は、今後の出番に明るい話を聞かない。うらやましくもなるはずです」(ジャニーズライター)


中でも稲垣の活躍は目を見張るばかり。NHK連続テレビ小説『スカーレット』に3月より出演が決定。同じくNHKの不定期番組『不可避研究中』のMCとして、昨年11月より出演中。まだまだ出番が増える見込みだ。


「テレビ朝日の人気ドラマ『ドクターX』シリーズに出るという話もあります。実現すれば『SMAP』時代と同等の活躍といってもいい。だから中居は、稲垣を通して何としても3人に食い込みたいのです」(同・ライター)



中居にとって全ては野球のため?

稲垣はジャニーズ時代、中居と木村拓哉のパイプ役だったとされる。


「3人が事務所を辞める際に、中居は高級ブランドのバッグと洋服をプレゼント。直接受け取ったのは稲垣だけでした。中居との関係は深いため、3人の中で渋々和解をしたのは稲垣が最初です」(女性誌記者)


中居は一昨年、稲垣、香取とは既に和解の食事会≠行ったという。しかし、その席に草gは欠席。


「今回、3人の活躍を見て、中居は『同窓会』を提案しているようです。草gに会わなければ完全な和解とはならない。いまだ草gは中居を裏切り者≠ニ見たままですからね。そんな折、2月13日に『SMAP』ナンバーワンの名曲『世界に一つだけの花』の生みの親である槇原敬之が、覚醒剤所持の疑いで逮捕されました。連絡を取るきっかけになるんじゃないでしょうか」(同・記者)


それにしても中居は、なぜ草gに固執するのか。


「中居は今後、独立が予想されます。日テレが3人をバックアップしたのは、中居にとって何より重要。中居は野球大好き、巨人が超大好き。日テレ=巨人ですからね。マジメ男・草gと和解できなければ、独立後の巨人とのつながりは危うい。野球命の中居にとっては、巨人が最優先事項なのです」(スポーツ紙記者)


中居の思いが草gに届けばいいのだが…。




関連記事(外部サイト)