沢尻エリカだけじゃない! 字がヘタクソ過ぎる“名俳優”とは…

沢尻エリカだけじゃない! 字がヘタクソ過ぎる“名俳優”とは…

沢尻エリカだけじゃない! 字がヘタクソ過ぎる“名俳優”とは…の画像

自宅で合成麻薬のMDMAやLSDを所持したとして麻薬取締法違反の罪に問われ、2月6日の判決公判で懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を言い渡された沢尻エリカ。同日夜に公表した自筆の謝罪文が汚過ぎる≠ニ話題になった。



「沢尻の字が汚いのは昔から有名。小学6年生のデビュー当時に書いたと思われる履歴書もとにかくヒドく、漢字だってろくに書けていませんでした。今回の謝罪文は、本人なりに丁寧に書いた努力の跡が見えますが、それでもヘタの部類に入りますね」(芸能記者)


実際にネット上では


《じ、字が。。 教育って大事だなとあらためて思いました》

《これ直筆じゃない方が良かったんじゃ…》

《字きったね! が先で、内容入ってこないw》


など、辛らつな声が上がっていた。



新世界の神なのに字が超ヘタ

しかし、字が汚いと驚かれたのは沢尻だけではない。数々の作品で主演をこなす俳優の藤原竜也も、字が汚いことで有名だ。


「藤原の字が話題になったのは、2006年公開の実写映画『デスノート』。同作中で藤原がノートに名前を書き込むシーンがあったのですが、この字が『天才役の割には汚過ぎる』『頭が良い奴の字じゃない』と落胆されることに。藤原本人も字がヘタなのは自認しており、映画を撮影するにあたり直筆は嫌だと拒んだが、渋々書かされたようです」(同・記者)


意外なのは武田鉄矢。『3年B組金八先生』の国語の教師役でおなじみで、バラエティー番組などでは漢字の成り立ち≠ノついて力説するなど、何かと字とゆかりがあるが、実は字がヘタらしい。


「13年放送の『中居正広のミになる図書館』(テレビ朝日系)で、武田は美文字ナンバーワン決定戦≠ノ参戦。ところが、結果は110点満点中62点で、番組内でビリという結果に。また、武田は都内の中学校で特別授業を行ったこともあるのですが、その際の生徒の感想として『黒板の字がヘタクソだった』という声が上がっていました」(同)


名俳優といえど、字までは演技できないようだ。




関連記事(外部サイト)