股間を強調!? アニメキャラ“高海千歌”が「性的過ぎる!」と物議…

股間を強調!? アニメキャラ“高海千歌”が「性的過ぎる!」と物議…

股間を強調!? アニメキャラ“高海千歌”が「性的過ぎる!」と物議…の画像

アニメでも人気の『ラブライブ!サンシャイン!!』に登場するキャラクター高海千歌≠ェ、静岡県の『西浦みかん大使』に就任。PRのためのオリジナルパネルが公開されたのだが、そのビジュアルが「女性蔑視だ!」と一部で問題視され、物議を醸している。



パネルに描かれたイラストは、制服姿の高海千歌≠ェ、みかん畑でみかんを持ってPRしているというもの。描かれたスカートの脚の付け根あたりにシワが寄っており、これが「スカートが透けているように見える」「股間を強調している」などと指摘された。


ネット上では以下のように、賛否両論が飛び交っている。


《別にただのシワにしか見えないが…。騒いでいるやつはエロい目で見過ぎだろ》

《公共の場に貼るポスターで性的な表現をするのは本当にやめてほしい》

《ただただアニメが嫌いな人の難癖》

《そもそもスカートが短過ぎないか》

《今までも、ずっとそういう作画なんだけど?》

《『ラブライブ!』ファンの俺から見ても、このポーズでシワができるのは確かにおかしい》


「今回の件を指摘したツイッターユーザーのプロフィルに『多様性を認めよう』といった記載があったこともあり、一部では多様性や表現の自由についての論争にまで発展しています。ただ、同様の物議はこれまでも何度となく繰り返されているのが実情です」(アニメ雑誌ライター)



たびたび問題になる“萌えキャラ”コラボ

昨年には、日本赤十字社が人気漫画とコラボした献血PRキャンペーンを展開。ポスターに描かれた女性キャラクターが巨乳≠セったために批判を浴びた。また、自衛隊滋賀地方協力本部と人気アニメがコラボした自衛官募集ポスターでは、女性キャラクターの「下着が見えている」(実際は下着ではないという設定)として、やはり批判されている。さらにさかのぼれば、東京メトロのイベントで使用されたアニメ絵の女性キャラクターや、海女をイメージした三重県志摩市の公認キャラクターなどが、いずれも「性的表現が過ぎる」として問題になった。


「ですからアニメファンの間では、賛否を争う気力もすでになく、『またか…』とうんざりしたような声も多く聞かれます。企画をPRしたいがための萌えキャラ<Rラボが、結果としてアピールしたい層をかえって企画から遠ざけているとも言えるのでは?」(同・ライター)


公共機関が“萌えキャラ”を使用する際は、より一層の注意が求められそうだ。



【画像】


DKai / Shutterstock



関連記事(外部サイト)