『SMAP』デビュー27周年!激動の1年間でメンバー間格差が広がる

木村拓哉、中居正広、香取慎吾、草なぎ剛、稲垣吾郎ら元SMAPメンバーの格差が広がる

記事まとめ

  • 9月9日はSMAPデビュー記念日で27周年を迎えたが、解散後は格差が生まれつつあるという
  • 木村拓哉は二宮和也と共演した『検察側の罪人』、中居正広はバラエティで活躍している
  • 一方、香取慎吾、草なぎ剛、稲垣吾郎は、地上波で見る機会がすっかり減ってしまった

『SMAP』デビュー27周年!激動の1年間でメンバー間格差が広がる

『SMAP』デビュー27周年!激動の1年間でメンバー間格差が広がる

画/彩賀ゆう

?



9月9日は『SMAP』のデビュー記念日。今年は27周年に当たる。



解散後の今もなお絶大な人気を誇っているSMAPだが、元メンバーたちには徐々に格差が生まれつつある。


安定した活躍を続けているのは、事務所に残留した木村拓哉中居正広。木村は俳優としての仕事を増やし、この1年の間には、ドラマ『BG〜身辺警護人〜』(テレビ朝日系)で主演を務めた。


「『BG』は全話平均視聴率15.2%の大ヒットを記録しました。世間では木村さんを批判する声も多くあり、中には『オワコン』と揶揄する人までいるのですが、とんでもない。ここまで数字が計算できる俳優はいませんよ。仕事に対するプロ意識も高く、現場ではスタッフを気遣ってくれる姿も印象的。一緒に仕事をした人たちは、みんな木村さんのファンになったと言っています」(テレビ朝日関係者)


事務所の後輩、『嵐』の二宮和也とタッグを組んだ映画『検察側の罪人』も大ヒットし、木村は順調に俳優一本へシフトしている。


片や中居はバラエティー番組のMCとして不動の地位を獲得。レギュラー番組が終了することもあるが、中居の手が空くとすかさず新たなオファーが入り、各局の中居争奪戦に終わりはない。


一方、退所組に目を移すと、香取慎吾はこの1年で『SmaSTATION!!』(テレビ朝日系)、『おじゃMAP!!』(フジテレビ系)というレギュラー番組が消滅。草なぎ剛もレギュラー番組の『「ぷっ」すま』(テレビ朝日系)が終了した。稲垣吾郎が出演する『ゴロウ・デラックス』(TBS系)は10月改編でも継続が発表されたが、いずれにしても3人を地上波で見る機会はすっかり減ってしまった。


?


SMAPの27周年をタワレコが祝福

さて、そんな波乱万丈の1年を送った元SMAPたちをねぎらうように、音楽ショップ『タワーレコード』ではSMAPデビュー27周年記念を祝う“お祝い週間”を実施。タワーレコードの各店でPOPを作るなどして盛り上げている。


しかし、それ以外は特に大きな企画もなく、あっさりとしたままデビュー27周年を迎えることに。


果たして次の1年間は、メンバーがそれぞれどんな活躍をするのだろうか。事務所退職組の巻き返しに期待したいものだ。


?


関連記事(外部サイト)