『水ダウ』“危険なスポーツ企画”に心配の声「マジで怪我する」

『水ダウ』“危険なスポーツ企画”に心配の声「マジで怪我する」

『水ダウ』“危険なスポーツ企画”に心配の声「マジで怪我する」の画像

4月8日放送の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で放送されたある挑戦企画に「危ないのでは」とハラハラする視聴者が続出した。



この日の企画は「どれだけ運動神経が良くても、未経験から一発で棒高跳びは不可能説」。運動神経の良い芸能人らを集め、未経験者でも棒高跳びで3メートルを越えられるのか確かめた。



マットなしの地面に落下する場面も…

『ティモンディ』の2人と、『品川庄司』の庄司智春が挑戦。庄司はポールをしならせ跳ぼうとしたものの、ポールはうまくしならず進行方向とは逆に、後ろ向きで地面に落下、手放したポールも数メートル飛ぶはめに。「どんなに運動神経良くても、無理だと思うなあ」と嘆いた。複数回地面に落下し体を強打していく庄司に、スタジオでVTRを見ていた藤本敏史は「アカンて…」「怖いわ、もう…」と心配していた。


続けておなじみの『SASUKE』(同系)で活躍する日置将士、川口朋広、山田勝己の3氏、元体操選手の池谷直樹が挑戦したが、全く成功できず。7人は「誰か1人が跳べるまで帰れません」と告げられ、続けて挑戦することに。7人で協力して練習を重ねた。8時間が経過し気温が8度に下がる中、全員合わせて259回目の挑戦で川口氏が成功させ、無事に企画は完了した。


メンバーはいずれも運動神経抜群。ヘルメット、膝当て、肘当てを着けてチャレンジしていた。しかし冒頭、初めての挑戦で失敗を繰り返し、マットがない地面に何度も落ちていた芸能人らの姿を見て視聴者からは心配する声が続出していた。


《力だけでやれば大事故になりかねないし骨折の事故とかめちゃくちゃ聞く競技だから》

《何のレクチャーもしないでやるとマジで怪我するぞ》

《棒高跳びで脳挫傷してる自分が言うけれどマジで危ない》

《棒高跳びってマジで危険やし見ててハラハラするわ》

《しなるポールはいきなり使わせたら危ないって…》

《棒高跳びって本当に危険な落ち方した場合シャレにならない大ケガすると思うんだよねぇ》


どうやらケガ人は出なかったようで何よりだが…。



【画像】


Krakenimages.com / Shutterstock



関連記事(外部サイト)