上戸彩、武井咲、剛力彩芽の後を任された「オスカー女優」岡田結実

岡田結実が女優転身を宣言 上戸彩、武井咲らに続き事務所からの期待背負う

記事まとめ

  • タレントの岡田結実が「女優宣言お披露目発表会」に出席、女優転身を宣言した
  • 岡田が所属するオスカープロモーションは今後岡田を女優として売り出したいのだそう
  • オスカーは米倉涼子や菊川怜、上戸彩、笛木優子などの人気女優を輩出してきた

上戸彩、武井咲、剛力彩芽の後を任された「オスカー女優」岡田結実

上戸彩、武井咲、剛力彩芽の後を任された「オスカー女優」岡田結実

上戸彩、武井咲、剛力彩芽の後を任された「オスカー女優」岡田結実の画像

大手芸能事務所オスカープロモーションに所属するタレントの岡田結実が先ごろ、都内で行われた「女優宣言お披露目発表会」に出席、女優転身を宣言した。



本格的に女優業に挑むことになった岡田は2年前にオスカー所属後、初めて見た大きなイベントが女優宣言の発表会だったそうで、「絶対、いつか舞台に立ってやるって思っていた。そう思っていた過去の私が今、こうして立っているのが夢のよう。雲の上にいるような気持ちです」と語った。


1歳からモデルを始め、今ではバラエティー番組で欠かせない存在となっている岡田。父がお笑いコンビ『ますだおかだ』の岡田圭右であることは有名だ。


「父親とは共演NG。その理由について本人は、かつてバラエティー番組で『2世の印象がもともと付いているので、一緒に出るともっと付いてしまう』、父からも『俺に頼らずに1人で歩ける人間になってほしい』と言われているからと説明していました」(芸能ライター)


?


脱バラエティーで女優業に専念か?

「女優宣言お披露目発表会」は、2000年の米倉涼子・菊川怜に始まり、01年に上戸彩、06年は笛木優子など、人気女優を輩出。それだけに岡田にも期待がかかるが、事務所的にもかなり力を入れていくと思われる。


「上戸彩の結婚後、若手女優として武井咲と剛力彩芽を押していました。しかし武井は17年に『EXILE』のTAKAHIROと電撃デキ婚。剛力は目下、『ZOZOTOWN』前澤友作社長と交際中。オトコの色が付いていない有力な若手女優がいなくなってしまった。そこでバラエティーで成功した岡田を女優で売り出したいと考えるのは当然。25歳まで恋愛禁止の事務所ですが、18歳の岡田に悪い虫が付かないよう、ガードはより強力になるでしょうね」(同・ライター)


父親との共演NGは、両親が離婚して母親が親権を持ったことが本当の理由であろう。とにもかくにも、この際はバラエティーにきっちりと見切りを付け、女優として頑張ってほしいものだ。


?


関連記事(外部サイト)