宮本亞門“上を向いてプロジェクト”に大ブーイング「センスないなぁ」

宮本亞門“上を向いてプロジェクト”に大ブーイング「センスないなぁ」

宮本亞門“上を向いてプロジェクト”に大ブーイング「センスないなぁ」の画像

演出家の宮本亞門氏が立ち上げた『上を向いて〜SING FOR HOPE プロジェクト』の動画が、4月14日に公開された。



動画は『春〜Spring』『夏〜Summer』『秋〜Autumn』の3本立てで、一般公募で集まった600人の合唱に加え、『乃木坂46』の生田絵梨花、歌舞伎俳優の尾上松也、フィギュアスケーターの荒川静香、歌手の西川貴教、映画コメンテーターのLiLiCo、俳優の小池徹平、市村正親、大竹しのぶら、多くの芸能人が参加している。



「坂本九さんの『上を向いて歩こう』は、日本人なら誰もが聴いたことがある名曲。今回、宮本氏がこの曲を選んだのは、前立腺がんの手術を受けた際に勇気をもらったからだそうで、『こんなときだからこそ、人類が生み出した根源的表現の歌やダンスが、お互いを励まし、勇気づけるからです!』と、発起人になった思いを明かしています。東日本大震災の際には、震災支援プロジェクトとして『花は咲く』がテーマソングとなりましたが、今回も同じような効果を狙ったのでしょう」(芸能記者)


同プロジェクトに、ネット上では、


《こういうときこそ、元気になる曲がありがたいです。みんなに広まるといいですね》

《曲を聞いて元気づけられました。ありがとうございます》

《動画を見て、早くコロナが終息する日を待ちたいと思います》


など、エールが送られた。しかし一方で、かなり辛辣な意見も出ているようだ。


《なぜ今この歌なの? ひとりぼっちの夜、じゃなくてみんなで頑張るんでしょ? 宮本氏はセンスないなぁ》

《お金ある人は上を向いて歩けるだろうね》

《美談だけでなく、はっきり「動くな!離れろ!」というメッセージを発信してほしいです》

《すごく良いことなんだと思うけど、今回の新型コロナの場合は何か違うと思ってしまう気が……》

《「災害から復興しよう!」なら分かるけど、ウイルスを抑え込まなければならない状況で、これは違うでしょう。ピンとこない》



もう少し他にできることがあったのでは…

「一人ぼっちの夜≠ニいう歌詞が、孤独感を増長させるという意見もありますね。坂本九さんの曲ならば、『明日がある』があるのに、わざわざ『上を向いて歩こう』を選んだのは、宮本氏の思い出補正だとしか思えません。プロジェクトの収益に関しては一切触れられておらず、ただ歌うだけだとしたら、かなりおめでたいとしか言いようがないですよ。応援したい気持ちは分かりますが、もう少し他にできることがあったのではないでしょうか」(前出の芸能記者)


宮本氏はプロジェクトの公式サイトで、


《新型コロナウイルスは教えてくれました。 「世界はこんなに小さくて、生きていること自体、どんなにすごいことか」だからこそ 国籍、宗教、立場、性別、年齢を超えて、お互いが運命共同体として、いがみ合うのではなく、力合わせ、この試練と不安を、乗り越えて行きましょう。ご協力、よろしくお願いします》


とのコメントを発表している。


やはりピントが少しズレているのかもしれない。

関連記事(外部サイト)