明石家さんまの特番で“イラストパクリ疑惑”浮上「これはひでぇ」

明石家さんまの特番で“イラストパクリ疑惑”浮上「これはひでぇ」

画/彩賀ゆう(C)まいじつ

4月26日に放送された特番『明石家さんまの転職DE天職』?(日本テレビ系)の企画で、イラストを「丸パクリされた」とネットユーザーが告発。?番組サイドに批判の声が殺到している。



番組では明石家さんまが無名のアーティストを発掘する「明石家さんま 画商プロジェクト」を敢行。昨年10月、同番組の企画でさんまが脳ドックを受けたところ、芸人よりも画商の仕事の方が向いていると指摘を受けた。そこで昨年12月、若手アーティストや売れない画家から絵を募集。さんまに絵をプロデュースしてもらおうと、一般から2560人、4567作品の応募があったという。


さんまはイラスト、絵をプリントした紙をめくりながら審査。途中、さんまは美男子がタバコをくゆらせるイラストに目を留めた。「『NANA』みたいな漫画のタッチ、意外と好きなのよ」としながらも、作者が女性と思われる名前で、45歳であることを確認すると首を傾げた。


周囲から年齢を気にしているのか指摘を受けると「年齢で選ぶわけないやろ! アホかお前は」と笑って否定し、次の絵に移った。



Twitterで「無断使用では」と指摘

ところが、このイラストの作者と名乗る人物が、ツイッターで、


《私のイラストが勝手にテレビで使われていたようです。しかも違う作家名で…どういうことかちょっと調べますね〜》


と投稿。さらに放送で流れたとされる、2015年投稿のイラストをリツイートして「無断使用だ」?と断定した。なお、この人物は45歳であることも否定?している。


同投稿をリツイートした上で、番組を批判する視聴者が続出している。


《作者様の作品に対する想いや労力、ファンの方の想いを軽視してる》

《選ばれた作品を持ち上げるための台にされたわけだし、他にもそういう作品があったかもしれないって考えるとひでぇな》

《これ無断転載だったんだ…リアルタイムで見てたわ…さんまさんも触れてたやつやん…》

《めちゃ好きな絵の人がいたからググッたらまさかの無断転載で作者さん勝手に出されてたみたいでびっくりした》

《無断で出品したもの、よく調べず採用してしまったスタッフの責任はでかいよ・・・》


作者のファンが勝手に応募したのだろうか…。

関連記事(外部サイト)