不仲が原因!?小池徹平の「結婚報告タイミング」が悪過ぎる理由

小池徹平の結婚で『WaT』元相方のウエンツ瑛士が不信感か 元々不仲との情報も

記事まとめ

  • 俳優の小池徹平が女優兼心理カウンセラー・永夏子と結婚したことが明らかになった
  • しかしウエンツ瑛士は自身の不在時に結婚されたことが面白くないはずだという
  • 小池が永と交際を開始した15年冬はWaTが解散を発表したタイミングと重なっている

不仲が原因!?小池徹平の「結婚報告タイミング」が悪過ぎる理由

不仲が原因!?小池徹平の「結婚報告タイミング」が悪過ぎる理由

不仲が原因!?小池徹平の「結婚報告タイミング」が悪過ぎる理由の画像

俳優の小池徹平が、ついに結婚したことが明らかになった。ファンとってはうれしくもあり、寂しくもあるニュースだが、少なくとも『WaT』時代からのファンにとっては悲報となりそうだ。



結婚を報じたのは11月8日発売の週刊誌『女性セブン』で、お相手は3歳年上の女優兼心理カウンセラー・永夏子。永は幼稚舎から大学まで慶應という“お嬢様”で、2人は3年前に交際をスタートさせた。


同誌によると、小池が結婚を意識したのは今年春先とのこと。それまでは「仕事優先」というスタンスだったが、このころから周囲に「結婚したい」と漏らすようになり、実際に結婚へ踏み切ったのは10月に入ってからだという。


この報道後に、小池は公式サイトのブログ内で正式に結婚を発表している。


?


節目での祝いごとに不信感?

しかし10月といえば、元相方のウエンツ瑛士が芸能活動を休止し、留学のためイギリスへ渡航した直後のこと。また、小池が永と交際を開始した2015年冬は、WaTが解散を発表したタイミングとちょうど重なっている。


「ウエンツは、自身が“不在”のときに結婚されたことが面白くないはず。もともと、解散の決断で揺れているときに彼女を作っていたことも、ウエンツとしては疑問が残ったことでしょう。その上、今度は休業中に結婚されて、『なぜ毎回大事なときに…』『留学前ならもっと話題にできた』と、不信感を募らせるのは当然です」(芸能ライター)


小池とウエンツ、2人の間には行き違いがあった見る関係者は多いという。


「そもそもWaTの解散自体、2人の方向性が合わなかったことが原因ですからね。これは解散直前に出演した『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)で、『音楽的な部分で不満があった』と小池自身が告白していますし、本人たちが再結成に含みを持たせていたのも、業界では『リップサービス』との見方が一般的でした。11月8日に出演した『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)では、いまだに連絡を取り合っていることを明かしましたが、今回の結婚もウエンツには“寝耳に水”だったのではないでしょうか」(テレビ雑誌編集者)


表面上は“仲良しアピール”に務めているが、再結成は難しいかもしれない。


?


関連記事(外部サイト)