『ぐるナイ』鈴木奈々の“激変ぶり”が話題「顔がパンパンだ」

『ぐるナイ』鈴木奈々の“激変ぶり”が話題「顔がパンパンだ」

(C)まいじつ

タレントの鈴木奈々が、5月21日放送の『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)に出演。茨城県の自宅からリモートでクイズに参加した。



番組はこの日もリモート形式。3回目となる企画「愛しき令和のおバカ様」が放送された。令和時代のおバカキャラを発掘しようと「小学生レベル」の簡単な問題を出題。『ぺこぱ』のシュウペイ、丸山桂里奈、『エイトブリッジ』の別府ともひこ、『3時のヒロイン』のゆめっちが挑戦した。


番組後半では平成のおバカレジェンドとして鈴木、内藤大助が出演し、シュウペイら4人と対戦して「おバカ具合」を確かめた。鈴木は自身を「おバカキャラとは思っていない」としたが、マリー・アントワネットの「パンがなければケーキを食べればいいじゃない」を「夢がなければ虫を食べればいいじゃない」と間違え、スタジオを沸かせた。



回答も顔も違和感だらけ

しかし視聴者からは鈴木の珍答が「わざと笑いを取りにいったものでは」との指摘が相次ぐことに。


《鈴木奈々の発言がわざとくさい》

《鈴木奈々のやらせ感》

《わざとやってんのか?》

《自分がバカだということを全面にアピールしてくるところが嫌い》

《この中にいると鈴木奈々の馬鹿は嘘っぽい》


また、回答よりも顔≠ノ注目が集まったようで、


《鈴木奈々、あんな顔だったっけ?》

《鈴木奈々って顔あんなにパンパンだったか?》

《太った?なんかお顔がふっくら》

《顔が違いません?》

《鈴木奈々ってこんな顔だったっけ?急に縁の太いメガネして》


といった声もあがっている。


外出自粛の影響が出ているのだろうか。

関連記事(外部サイト)