今田耕司と東野幸治『Wコウジ』がほとんど“失言”しない理由とは?

今田耕司と東野幸治『Wコウジ』がほとんど“失言”しない理由とは?

今田耕司と東野幸治『Wコウジ』がほとんど“失言”しない理由とは?の画像

芸人の今田耕司と東野幸治からなるユニット『Wコウジ』。正式なコンビではなく、あくまでも2人がタッグを組む際に用いられるものだが、昨今、ネット上ではそんな「Wコウジ」のアップデート力≠ノ感心する声が続出している。



コトの発端は、東野の公式YouTubeチャンネルで5月13日に更新された動画「【第32回】アップデートして行こう」。冒頭、『ナインティナイン』岡村隆史の不適切発言について触れ、「昔だったら良かった発言も、今はアウトという時代。僕もうすうす分かっています」と認識を示す。


これまでは自身も、「芸能界を8回くらい辞めていなければいけない」くらいの問題発言をしていたというが、現在は「オカマ(キャラ)」を「オネエ(キャラ)」に変更、「おっさん」というワードを避けるなど、時代に合わせていることを明らかに。芸人のりんごちゃんが出てきたときには、不適切な発言を恐れるあまり「腫物を扱うかのような」言動になってしまったと振り返っている。


一方の今田は、24日に放送されたトーク番組『ボクらの時代』(フジテレビ系)に出演。外出自粛中に料理をするようになったことを明かし、「(自粛期間で)初めていろんなことが分かった。この1カ月半で人生変わった」としみじみ語る。素人主婦≠フため、各家事の時間配分に苦労しているようで、「これにお子さんおってやで。お仕事あっての主婦も大変やし、専業主婦、どっちもすごい。結局は家族の助けがないとあかんねんな」と家事をこなしている人を称賛した。


また、共演した『千鳥』ノブが「自分が仕事中、ずっと子育てしている嫁に、1回『息抜きで1日くらい、友達と遊んでき』っていう日を与えたんです」と語ると、今田は「今のもあかんで」と即座に指摘。「日を与えた≠チて言う言い方がもう全然分かってない」とノブを注意したのだった。



アップデートするベテラン芸人に称賛の声

容姿をイジる∞亭主関白≠ネど、時代遅れのアンテナを張って、互いにアップデート≠している「Wコウジ」。ネット上では、2人の変化に対し、


《今田東野はあの集団の中に居ながらこの意識のアップデートができてるのはすごいな》

《Wコウジの株が、私の中で急上昇してるww(もともと好きでしたけど!)》

《今田耕司は最近どうしたんや。インタビューでブスいじりハゲいじりの笑いは古いとか言うてたりするし、中堅の芸人やのに人間のアップデート激し過ぎるやろ》

《東野は昔からのファンなら分かる。独特の言い回しで時世を皮肉りつつ、アップデートしてる。賢いなと思いました》

《より厳しくアップデートされてくコンプライアンスを真正面から捉えて伝える今田さんと、毒素満載でその行き過ぎたコンプライアンスの矛盾点に皮肉を込めながら伝える東野。陽と陰って感じでどちらも好き。Wコウジってやっぱりすごい》


などと、称賛する声が続出している。


「ナイナイ」の場合、独身の岡村の古びた価値観≠、既婚の矢部浩之が正していくようだが、「Wコウジ」の場合は独身既婚にかかわらず、互いに時代を読む力を身に付けているのは素直に素晴らしいことだといえそうだ。

関連記事(外部サイト)