大谷翔平「お嫁さん最有力候補」久慈暁子アナの取材を断る

大谷翔平、同郷の知人・久慈暁子アナの取材断る? 女子アナ取材規制は加藤綾子原因か

記事まとめ

  • ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平がフジテレビの久慈暁子アナからの取材を断ったとか
  • 2人は同郷で知人のため、大谷は久慈アナの取材は断らないと考えられていた
  • かつて日本ハム栗山英樹監督は「悪い虫(女子アナ)が寄ってきて困る」と取材規制した

大谷翔平「お嫁さん最有力候補」久慈暁子アナの取材を断る

大谷翔平「お嫁さん最有力候補」久慈暁子アナの取材を断る

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

米大リーグ、ア・リーグ新人王に輝いたロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平投手が、人気女子アナの取材を断ったという話がまことしやかに囁かれている。それが驚くことに「大谷に最も近い女子アナ」といわれるフジテレビの久慈暁子アナだというのだ。



大谷と久慈アナの関係は、同郷にして知人。共通の友人までいる間柄だ。


「今オフ、大谷のロングインタビューや特番出演を要請できるのはフジテレビだけといわれていました。もちろん取材や司会は久慈アナ。久慈アナなので大谷も断らないと考えられていた。でも、逆に大谷は久慈アナだから断ったというのです」(フジテレビ関係者)


大谷の女子アナの取材は原則NGだ。渡米前、取材を口実に寄ってくる女子アナが無数にいたので、当時の北海道日本ハムファイターズ栗山英樹監督が「悪い虫(女子アナ)が寄ってきて困る」と取材規制。大谷も女子アナ取材を嫌がったといわれる。


「最大の理由は、“カトパン”こと加藤綾子が私情丸出しで単独インタビューしたことだとされます。カトパンは目をハートにして恋愛話に持ち込んだため、そばにいた広報が止めたほどです」(スポーツ紙記者)


しかし、久慈アナに限っては拒否することはないと考えられていた。


「大谷は現在、芸能プロに所属していますが、久慈アナの取材を受けてしまうと、何かと2人の関係を誇張されるのを嫌がったようですね」(同・記者)


ではフジテレビの単独取材はなくなったのか。ここに意外な話が浮上した。


?


大谷争奪戦は続く…

「久慈アナに代わって“ミタパン”こと三田友梨佳アナが浮上。青学大時代に公式野球部のマネジャーだった彼女は、専門知識が野球記者並み。ミタパンも大谷のファンらしく、一番手に名前が挙がっています。インタビュアーの本命です」(前出のフジテレビ関係者)


しかし、意外な対抗馬も浮上。ナント、問題の根源であるカトパンだという。


「カトパンは、前回の失態の汚名をそそぎたい。恋愛感情を抜きに大谷に正攻法で取材し、キャスターの格を上げたいようです。局としても大谷&カトパンなら、話題性もすごい。完全にミタパンと一騎打ちです」(同・関係者)


“パン系”の争いの中、クジパンは脱落したようだ。


?


関連記事(外部サイト)