『下町ロケット』現実ではありえない「イジワル」描写に批判続出

阿部寛主演『下町ロケット』第10話に視聴者から"ドラマの演出"に疑問の声 

記事まとめ

  • 『下町ロケット』第10話が、視聴者から「演出と現実に違いがある」と物議になる
  • 現実の農協はドラマのように融資を職員の「独断」で断ったりしない、と指摘があった
  • 農協に関する知識を持つ視聴者からは違和感を示す声が多数上がった

『下町ロケット』現実ではありえない「イジワル」描写に批判続出

『下町ロケット』現実ではありえない「イジワル」描写に批判続出

(C)Rachata Teyparsit / Shutterstock

12月16日に放送された『下町ロケット』(TBS系)第10話が、視聴者から「ドラマの演出と現実に違いがありすぎる」と猛批判を浴びている。



2015年の大ヒットを受けて今季放送されている第2シリーズでは、佃航平(阿部寛)率いる佃製作所が農業用の無人トラクターの開発にいそしんでいる。第10話では天才技術者・島津(イモトアヤコ)が佃製作所に加入することが決まり、トラクターの開発そのものは順調に進んだ。


ただ、佃いわく「実験できる農場を探し回っているが見つからない」という。佃らは新潟で農家や農協職員らに頭を下げ続けたが、農家からは「あの下請けいじめをしてる大企業でしょ?」などと断られた。


?


職員が独断で融資断る…「農協からクレームが来るのでは」

さらに米どころ・新潟に住む農業関係者からの「嫌がらせ」にも似た行動は続いた。ドラマでは、新潟・燕が大雨に見舞われ、水田が壊滅的な被害を受けたという展開に。佃製作所の元従業員・殿村(立川春談)は農協に500万円融資するよう懇願するが、農協の職員・吉井浩(古川雄大)は「困っていたら金ですか」とピシャリ。「融資の条件は満たしている」と訴える殿村だが、「融資するか決めるのはウチ」と突っぱねられてしまった。


農協が農家に融資することはよくあるが、ドラマでは窓口で一職員の独断で断っていた。視聴者はドラマで描かれた農協について


《農協の実態がリアル過ぎて笑える》

《農協の陰湿さって、これネタじゃないんでしょ?》

《農協ってみんなあんな感じなんだろうか? だとしたら、農協ってクソだな》


と批判する声が相次いだ。


一方、農協に関する知識を持つ視聴者からは違和感を示す声も。


《こんな農協の人はさすがにいないだろ》

《農協で働いていますがホントの農協の融資担当の人は、あんな意地悪な人いませんので。皆さん、誤解しないでくださいねー》

《農協からクレーム来ないのかな?》

《融資であんな対応したら大問題になるぞw》


などと言及。現実の農協はドラマのように融資を職員の「独断」で断ったりしない、と指摘していた。


現実と乖離した描写は批判を浴びかねない。


?


関連記事(外部サイト)