『ロンハー』あの芸人“放送カット”に困惑の声「事務所の圧力か?」

『ロンハー』あの芸人“放送カット”に困惑の声「事務所の圧力か?」

『ロンハー』あの芸人“放送カット”に困惑の声「事務所の圧力か?」の画像

7月28日放送の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)で、お笑い芸人のエピソードをカットするとプロデューサーが宣言する一幕があった。何気ない場面だったが視聴者は過敏に反応。「何があったの?」「プロデューサーに嫌われてるの?」などと波紋を呼んでいる。



この日の番組には『ジャングルポケット』の斉藤慎二や『宮下草薙』の草薙航基らが出演。マネージャーがリモート出演し、各芸人のエピソードを暴露する企画が放送された。


プロデューサーが「カット」指示

企画が進み、『コロコロチキチキペッパーズ』ナダルのマネージャーがエピソードを披露する番に。『ロンドンブーツ1号2号』田村淳が、ナダルのマネージャーから寄せられたエピソードを読み上げようとした。するとここでカメラの向こう側からプロデューサーの声が。「あっ、そこ飛ばす!」と指示が飛ぶ。田村はこれに従い、ナダルのエピソードをカットした。


これにナダルは「なんやコレ?」と納得がいかないようで、「なら、名前出さんでええ!」とツッコミ。しかし有吉弘行は「ああ、よかった!」と煽り、田村も「カットするとこ、そのまま放送するってなんなの?」と面白がった。この後ももう一度、「いや、ナシで!」と声がかかり、ナダルのエピソードを明かすことなくカットするシーンがあった。


これに視聴者からは疑問の声があがることに。中にはプロデューサーが一方的にナダルを嫌っているのではと推測する声もあった。


《加地さんもナダル嫌いなんだろうか?》

《ナダルさんのマネージャーからの暴露2回もカットされてたけど、結構何だったんだろう…笑笑》

《ナダルのネタ見たかったけど 加地さんのそれ飛ばすもそれはそれで面白い笑》

《ナダルのネタなんでカットした。 許さんぞロンハー》

《ナダルのネタカットは事務所の圧力かなぁ… 》


いつものイジリのように見えるが、気になる人は気になったようだ。


【画像】


Roman Samborskyi / Shutterstock

関連記事(外部サイト)