“昏睡レイプ“を茶化してムロツヨシ『親バカ青春白書』が炎上「胸クソだ」

“昏睡レイプ“を茶化してムロツヨシ『親バカ青春白書』が炎上「胸クソだ」

“昏睡レイプ“を茶化してムロツヨシ『親バカ青春白書』が炎上「胸クソだ」の画像

8月2日に第1話が放送された新ドラマ『親バカ青春白書』(日本テレビ系)が、不適切な脚本でさっそく炎上してしまった。



同ドラマは、永野芽郁が演じる娘を心配するがあまり、父親役のムロまで娘と同じ大学に進学してしまうというコメディードラマ。監督を務めるのは、現在公開中の話題の映画『今日から俺は!! 劇場版』などコメディータッチの作品を大の得意とし、これまで自身の作品に何度もムロを起用してきた福田雄一氏だ。


そんな名タッグ<hラマの記念すべき第1話。ストーリーの山場である終盤に、トンデモない展開が訪れる。


永野演じる娘・さくらは、ムロ演じる親バカな父・太郎の目を盗み、他大学も交ざった「インターカレッジ」テニスサークルの飲み会に友人と参加。緊張しながら会場であるナイトクラブに入り、未成年だからとソフトドリンクを注文する。しかし、実はこのイベント主催者、サークルの皮をかぶったレイプ集団。飲み物にドラッグを混ぜる手口で女性をレイプしており、さくらと友人も徐々に意識が薄れていくのだった。


絶体絶命のさくらだったが、太郎が携帯のGPS機能で居場所を突き止め、助けに来たことで一件落着。しかし、その解決方法は「娘奪回」ではなくコメディータッチであり、いかにも福田監督作品といった物語のオチだった。


ムロはすっかり「性犯罪に縁のある俳優」に…

だが、当然ながらレイプは刑罰も重く、凶悪性も高い重大な犯罪。コメディータッチにしているが全く笑えない上、ギャグ描写の前置きに使うには不謹慎なネタだ。案の定、ネット上には、


《大学サークルの性暴力・レイプドラッグという現在進行形の超重い問題を、このノリで描かれるの、うーむ…となってしまう》

《レイプドラッグを使用した集団強姦未遂、警察呼ばない・逮捕されないどころか茶番でごまかして終了した。胸クソ》

《結局捕まらないって何だよ 絶対逮捕シーンくらい出せよ》

《現実社会でも苦しんでいる被害者が多くいる問題なんだから「コメディーだから」は免罪符にならない》

《大学生の新歓コンパで昏睡レイプをギャクにしちゃうし、フィクションだから大目に見ろってもうダサい》

《レイプ未遂の設定を垂れ流して、揚げ句、実の父親は加害(未遂)者から捨て身で助けるんじゃなくて寸劇で止めてギャグにしちゃうとか。脚本がキッツイ》


などと批判が殺到。長年の社会問題である大学生の集団レイプを、問題提起ではなくコメディータッチに描いたことで炎上してしまった。


「ムロといえば昨年2月、強制性交罪で逮捕された大親友・新井浩文を被害者そっちのけで擁護。性犯罪という重犯罪を軽んじたことで批判が殺到し、ツイッターの更新を休止するほど大炎上したことがいまだに尾を引いています。今回の炎上も、性犯罪への認識が甘過ぎるムロが主演だったため、より悪質な茶化し≠ノ見えたことが影響しているのでは」(テレビ雑誌記者)


強制性交罪で逮捕された新井の擁護、レイプを茶化すようなドラマの主演…ムロは何かと性犯罪に縁のある俳優となってしまったようだ。

関連記事(外部サイト)