『東大王』山里亮太が“東大生イジり”を一喝して称賛「代弁してくれた」

『東大王』山里亮太が“東大生イジり”を一喝して称賛「代弁してくれた」

『東大王』山里亮太が“東大生イジり”を一喝して称賛「代弁してくれた」の画像

9月9日放送の『東大王』(TBS系)で、MCの『南海キャンディーズ』山里亮太が、芸能人チームのメンバーに容赦ないツッコミを浴びせたとして話題になっている。視聴者は山里の言い分におおむね同調していた。



この日も、東大王チームと芸能人チームが対決する放送内容。漢字の読みを当て、オセロの要領で陣地を取り合う「難読オセロ」では毎回、両チームが接戦を繰り広げているが、この日は芸能人チームの宮川一朗太が取るマスの判断を誤り、東大王チームに大量リードを許してしまった。


東大生への「性格悪いな!」発言にツッコミ殺到!

東大王チームが29枚、芸能人チームが2枚のマスをそれぞれ埋めたところで、芸能人チームに解答権が回ってきたが、富永美樹は難易度が高い角のマスの漢字を読まざるを得なかった。これに宮川は苦笑い。東大生の面々を見やり、「性格悪いな!角を読ますなんて!」とイジり始めた。


東大王チームの大将・鶴崎修功が苦笑いしたものの、宮川の毒舌は止まらず。「完勝なんだからいいじゃねえかよ、全部読んでくれて角!」と東大生に恨み節を放った。すると山里はすかさず「そういうことを今まで(宮川が)やってきたじゃないか!」と宮川を一喝した。


この直後、富永が角のマスの漢字「接続草(すぎな)」を見事に当てて一矢報いたものの、巻き返しには至らず、芸能人チームは完敗した。視聴者は山里が言う通り、難しい漢字を読ませる戦術は、宮川がこれまで東大生相手に取ってきた戦術だと指摘し、面白半分にツッコミを入れている。


《宮川一朗太に対して、山里亮太が視聴者全員が言いたいことを代弁してくれた》

《オセ朗太さん、それはお互い様では》

《性格悪いのはオセ郎太の方だろw》

《悔しいから、ふざけた風にしながら性格悪いなーっていうの草過ぎ そういう大人意外といるよねww》

《性格悪いの意味が分からん。すごいって素直に言えないのか》


宮川の「性格悪いな!」発言はツッコミを期待してのものだったのだろうか。

関連記事(外部サイト)