水卜麻美アナが山口達也を?擁護”で批判続出!「何で同情してんの?」

水卜麻美アナが山口達也を?擁護”で批判続出!「何で同情してんの?」

画/彩賀ゆう(C)まいじつ

9月22日、元『TOKIO』の山口達也容疑者が東京・練馬区で酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕された。アルコール依存が疑われる彼に同情する声が上がる一方で、タレントの風見しんごの言葉が重いと話題になっている。



今回の件を受けて、24日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)では、社会学者の古市憲寿氏が「『大人なんだから、自分で自立しろ』ってことも分かりますが、依存症なんだから、自分の精神ではどうにもコントロールできない。アルコールとか薬物、ドラッグは自分でいくらダメだと分かっていても飲んでしまう、摂取してしまう」と、一定の理解を示す。


さらに23日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)では、長年、山口容疑者と共演してきた水卜麻美アナウンサーが「この2年間、山口さんはすごく真摯に自分の状況と向き合ってたんじゃないかと信じています」と憶測で擁護。さらに「依存症なのかどうか分からないですけど、自力で向き合うのが難しいとしたら、どんな助けがあれば山口さんが戻れるのか。戻れるというとあれですけれど、元気になれるかなって、今すごく考えている状況です」と、優しい言葉を掛けた。


アルコール依存と飲酒運転は切り離して

その一方で、厳しいコメントを残したのが風見だ。23日放送の『ノンストップ!』(フジテレビ系)で、「重大な事故が起こったとき、依存症だからとかでは済まされない。被害者やその家族には何の言い訳にもならない。それを分かってほしい」と、声を震わせながら訴えた。


風見は2007年に長女を交通事故で亡くして以降、飲酒運転を撲滅する活動などに参加している。風見の言葉は他のコメンテーターの誰よりも視聴者に刺さったようで、共感の声が続出した。また、古市氏と水卜アナは依存症だから≠ニいう論調だったが、この点については、


《アル中と飲酒運転は似て非なるものだからね》

《アルコール依存性と飲酒運転は切り離して考えないとね。依存性であろうとなかろうと飲酒運転はあり得ない》

《アルコール依存をどうするかは山口の勝手だけど酒飲んで車やバイクを運転して他人に迷惑掛けるなと言いたい》

《たまたま被害者がいなかっただけ。飲酒運転は飲酒運転。アルコール依存だからって何で同情してんの?》


などといった疑問や怒りの声が上がっている。


古市氏と水卜アナは、風見の前でも同じような言葉を言えるのだろうか。

関連記事(外部サイト)