石原さとみを射止めた“一般人”は何者!? 外資系エリートと芸能人の結婚が急増か

石原さとみを射止めた“一般人”は何者!? 外資系エリートと芸能人の結婚が急増か

石原さとみを射止めた“一般人”は何者!? 外資系エリートと芸能人の結婚が急増かの画像

世間を大きく賑わせた、女優・石原さとみと一般男性の結婚報告。ここにきて、お相手の男性の素性が少しずつ明らかになっている。



10月15日発売の『女性セブン』では、男性が小泉進次郎似のイケメンで、東大卒業後、大手外資系金融機関に入社したエリートと伝えている。はたして、どのような人物なのだろうか。


「記事によると、男性は年収5000万円の超ハイスペック会社員で、石原と交際する以前、有名ファッション誌のグラビアで海パン姿を披露していたといいます。外銀は実力次第で億超えの年収を手にする人もいるといますが、最近は、さすがにそこまではいかないようですね。しかし、5000万円を稼ぐというのは、かなりの実力者だと思います。激務のため、若いうちに稼ぎまくった後、起業する人が多いようですね。売れっ子の石原にしてみれば、驚くほどの年俸ではないかもしれませんが、浮き沈みの激しい業界だけに、安定を選んだのかもしれません」(芸能記者)


“一般人”の定義とは…!?

一般人とは言うものの、蓋を開けてみれば芸能人もビックリの超ハイスペックだったため、ワンチャン≠ると夢見ていたファンがうなだれたという。そんな中、そんなスーパーエリートに、女性芸能人や女子アナが虎視眈々と狙いを定めているそうだ。外資系金融機関に勤務する30代の男性が言う。


「仲間内で合コンをするのですが、かつてはキャビンアテンドやモデルが多かったですね。しかし、今となっては、彼女たちは結婚相手としてかなり格下になっています。特に新型コロナウイルスの感染が拡大してからは、仕事にあぶれているCAも多く、必死のアプローチがきついと、人気が急降下していますね。反対に人気なのが、キー局の女子アナや女優です。かつて、彼女たちのターゲットになっていたのは、プロ野球選手などのスポーツ選手でしたが、一流どころはごくわずか。選手生命も短いことから、我々、外資系金融機関に務める会社員にターゲットを変えているようです。今後は石原さとみのようなケースも増えていくと思いますよ」


外銀エリートは頭が切れ、起業家精神にあふれるポジティブ思考の人が多く、女性からしてみれば「ついていきたい」と頼りたくなるのだとか。


やはり石原さとみレベルの女優と結婚するには、一般男性といえども、かなりのハイスペックじゃないと無理のようだ。とほほ…。

関連記事(外部サイト)