『霜降り明星』せいやの“ズムニー”が裁判沙汰に!「怒ってたんだ…」

『霜降り明星』せいやの“ズムニー”が裁判沙汰に!「怒ってたんだ…」

『霜降り明星』せいやの“ズムニー”が裁判沙汰に!「怒ってたんだ…」の画像

『吉本興業』は10月21日、所属タレント『霜降り明星』せいやのZOOM自慰<Xクープを掲載した『文芸春秋』に対し、損害賠償を求めて東京地裁に提訴したことを同社のサイトで発表した。この意外な動きは、ネット上でも大きな反響を呼んでいる。



コトの発端は、6月18日に『文春オンライン』で公開された記事。コロナ自粛期間中、せいやがSNSで知り合った一般女性と、ビデオ会議が行える通信ツール「ZOOM」を介して2人で飲み会をした際、自らのイチモツを披露し、女性に自慰行為を見せていたというもの。同記事には、女性が撮影したスクリーンショットが掲載され、続報ではせいやが女性に送った謝罪LINEのやりとりまでもが晒されている。


同記事は現在削除されているが、吉本はサイトで《その内容は到底看過できない極めて悪質》《本件タレントのプライバシー及び名誉を著しく毀損する》とし、東京地方裁判所に対して損害賠償請求等を求める訴訟を提起することとなった。


「報道後、本人含め周りの芸人たちはもうネタにするしかないと悟ったのか、せいやはさまざまな角度からイジり倒されています。現に『ダウンタウン』松本人志は自身のツイッターで、せいや本人のツッコミを誘うようなボケをしていますし、ユーチューバー芸人・フワちゃんはせいやをちんちんぼうや′トばわり…。相手の女性にも非があったことから、事務所から特にお咎めもなく、このまま風化していくと思われたのですが…」(芸能ライター)


リベンジポルノだからな

ネット上では、


《すっかり忘れてたのに、訴えたりしたら記事になって思い出してしまった》

《みんな笑って大したイメージダウンでも無かったのに激おこだったんだなw》


などと笑い話の類と捉えている声があがる一方、


《これはどう見ても悪質 文春は一線を超えた》

《リベンジポルノだからな せいやが女だったら世界巻き込んで大騒動になることだぞ》

《自慰行為する写真はひどくない? しかも勝手に撮ったんだよね 私はせいやが軽率だね、で終わりじゃないと思うな そしたら世のリベンジポルノはみんな、撮らせた方が悪いってなるよ》


などと、提訴は当然と考える声までさまざまな反響があがっている。


しかしこの裁判もまた、せいやのネタになっていくだろう。


【画像】


Ollyy / Shutterstock

関連記事(外部サイト)