『鬼滅の刃』を認めない芸能人とは…?「コメントが完全に老害」と批判の声

『鬼滅の刃』を認めない芸能人とは…?「コメントが完全に老害」と批判の声

(C)まいじつ

日本映画史に深く刻まれる大ヒットを記録し、もはやオタクのコンテンツ≠ニいう枠を完全に飛び出している『鬼滅の刃』。しかし、どうしても作品を観ようとしないどころか、敵意をむき出しにするテレビコメンテーターたちがいる。



まずは、坂上忍。10月19日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)にて、『鬼滅の刃』の映画が記録的ヒットになっていることを紹介した時のこと。坂上は「もう伊藤さん(伊藤利尋アナウンサー)は見たって」「あんま面白くなかったって」と、突然言い出したのだ。


勝手に感想をでっち上げられた伊藤アナは、動揺して「言ってないよ! 面白かったですよ」「坂上ー!! 嘘やめろー!」とツッコミを入れていた。するとこのくだりに対して、ネット上では


《こんなこと言う必要ある? ほんと坂上って嫌な野郎だな》

《坂上の嫉妬で他人を巻き込むな》

《これ坂上が鬼滅嫌いだから、アナが言ってたよってジョークに変えて、本音言ったパターンじゃないの? 好きなものだったら、わざわざ面白くないなんてワードでイジらないよね》


といった批判の声が広がった。


明石家さんま「引き笑いの呼吸、さんまの型」

続いては、テレビ朝日の玉川徹氏。10月21日放送の『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)で「鬼滅の刃」の映画を特集した際に、「見ました?」と聞かれた玉川は「見てない」と即答。続けて、「非常に残念なんですけど、自分が見てないうちに、ここまでヒットすると、見ない法則が僕にはある。いまだに『アナ雪』も見てないです。残念です」などと、ヒット作品はあえてスルーするという性格を告白。さらに「ぼくが今、毎週楽しみにしているアニメは、NHKでやってる『未来少年コナン』」と、他の作品まで持ち出す始末。これには一部で共感の声もあがったものの、


《別に見なくていいと思うけど、これをドヤ顔で言っちゃう感じはちょっとイタイ》

《流行りを見ないで世相は切れないですよ》

《いちいち否定しなくてよくね?》

《コメントが完全に老害なんですが…》


と呆れ声があがっていた。


なお、明石家さんまは、流行を勉強するためとして『鬼滅の刃』をしっかりと読み、「引き笑いの呼吸、さんまの型」と、パロディーギャグも披露。以前は、若手芸人の話す『ドラゴンボール』ネタについていけず、ドラゴンボールを読破したこともある。


こういった姿勢が、国民的スターであり続ける秘訣なのだろう。

関連記事(外部サイト)