武田鉄矢“皆勤賞”への持論を語り反発の声!「時代錯誤感が甚だしい」

『ワイドナショー』で武田鉄矢が"皆勤賞"巡り持論展開 武田の発言にネット民が反発

記事まとめ

  • 『ワイドナショー』に武田鉄矢が出演、"皆勤賞"廃止の学校が増加していることに持論
  • 東野幸治から「頑張り続けるのが、無理する必要ないっていう風潮に」と武田は振られた
  • 「伝染病にかかっても皆勤賞が欲しくて来る子っていた」と武田は幼少期を振り返った

武田鉄矢“皆勤賞”への持論を語り反発の声!「時代錯誤感が甚だしい」

武田鉄矢“皆勤賞”への持論を語り反発の声!「時代錯誤感が甚だしい」

武田鉄矢“皆勤賞”への持論を語り反発の声!「時代錯誤感が甚だしい」の画像

11月1日に放送された『ワイドナショー』(フジテレビ系)に、俳優の武田鉄矢が出演。皆勤賞≠廃止する学校が増えていることに持論を語った。



MCのお笑いタレント・東野幸治から「頑張り続けるのが、無理する必要ないっていう風潮になってきている、武田さん」と振られた武田は、「学校っていうのは成績以外に、いろんな所でほめてくれるっていう喜びがあるから、頭の悪い子も明るく通うんじゃないですかね。皆勤賞なんてのは、身体が丈夫で頭の悪い子が唯一取れる」とコメント。スタジオが「いやいやいや」と一斉に否定するとごめんごめん≠ニ手を合わせるジェスチャーをしながらも、「懐かしい思い出で私はいまだに覚えてますけど、伝染病にかかっても皆勤賞が欲しくて来る子っていましたよね」と幼少期を振り返り、「ケツを押さえて来たんですよ。彼は英雄でしたよ。(皆勤賞は)私、絶対あった方がいい」と持論を曲げなかった。


武田鉄矢の持論に反発の声が!

この武田の発言にネット民が大反発し、


《武田鉄矢の時代錯誤感が甚だしくて、言いたいことはわかるけど、共感はできないんだよねぇ》

《武田鉄矢の言うことも分かるけど、昔の先生は厳しくて怖い人が多かったから、その先生に褒められるってことが単純に嬉しく、誇らしかったのかもしれない。今は良くも悪くも褒めて伸ばす教育だから、皆勤賞もらう喜びもそんなに大きくないのかも》

《伝染病になっても皆勤賞ほしくて来る子がいたんですよ〜って嬉しそうに話す武田鉄矢さん。そんなの聞いたら、ますます皆勤賞に嫌悪感でしょ》

《中高6年間皆勤賞だったうちの子は、武田鉄矢さんに言わせれば体が丈夫で頭の悪い子なんだな》

《武田鉄矢さんの意見が古すぎてワロタ。今の子はお勉強ができない場合、他に色んな可能性があるなら、皆勤賞ぐらいで心に響かないよ》


など批判の声が殺到している。


「武田は、長らく金八先生≠演じていたので教育者のイメージが強いですが、実際は真逆の性格です。テレビでしか武田を見たことのないファンは人格者扱いしていますが、現場での評判は最悪。過去には『一緒に写真を撮ってください』と声をかけてきた子どもに、『私とあなたは全くの他人、なぜ一緒に写らないといけないのか』と言い放ち、一緒に写真を撮りたいという一般人が近寄ってくると『いい加減にしてほしい』と暴言を吐くと番組で暴露されたこともありました。もともと説教が大好きで1時間以上も、くどくどと持論を展開するのは当たり前。時間があれば皆勤賞についてもさらなる暴言を吐いていたでしょうね」(芸能記者)


もはや武田の暴走を止められるのは、「鉄矢、なんばしよっとか!」と、武田を厳しく育ててきた天国の母親だけかもしれない。

関連記事(外部サイト)