『ミヤネ屋』橋下徹の“大阪都構想”語りにウンザリ…「負け犬の遠吠え」

『ミヤネ屋』橋下徹の“大阪都構想”語りにウンザリ…「負け犬の遠吠え」

(C)まいじつ

11月2日放送の『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)では、前日に僅差で否決された「大阪都構想」について特集。提唱者である橋下徹氏も番組に出演し、その胸中を明かしたのだが、ネット上では激しい反発の声があがっているようだ。



「大阪都構想」は橋下氏が提唱した政策で、彼が立ち上げた『大阪維新の会』の看板政策でもある。番組に出演した橋下氏は、大阪市と大阪府の対立を病気≠ノ喩え、大阪都構想について解説していった。


橋下氏によると、大阪都構想にまつわる運動は薬=A大阪都構想そのものは手術≠ノあたるとのこと。彼は、薬によって病気が改善したことで、病気がなくなった状況しか知らない若い世代から、「橋下さん薬いらないんじゃないの? それ副作用強いんじゃないの? ましてや手術なんて、大阪都構想なんてメス入れるのは必要ないんじゃないの?」と思われてしまったと、今回の結果について分析。その上で、「大阪都構想運動というのはね、薬として僕は効果があったと思ってます」と力強く断言した。


もうウンザリ!? 出ずっぱりの橋下徹に集まるヘイト

しかし、否決されたにも関わらず大阪都構想について熱く語る橋下氏に、ネット上では、


《橋下が負け犬の遠吠えしててワロタ》

《橋下徹がウダウダ言うてる。笑える》

《負け惜しみはみっともないぞ、橋下徹》

《擁護派が煽るから、橋下徹がまたグチャグチャ言い出してんじゃねぇか。おまえは2回も負けてんだよ》

《大阪以外は橋下徹のうさんくささに気づいているんだけどなぁ》

《ミヤネ屋とMr.サンデーで同じこと言ってる…もういいよ…》

《この日を「橋下徹を地上波で見た最後の日」にしたいもんだね》


などの声が殺到している。


「橋下氏は前日に放送された『Mr.サンデー』(フジテレビ系)にも出演し、大阪都構想の住民投票の開票状況を生中継で見守っていました。この日の番組では速報によって否決が明らかになった瞬間、意気消沈とした表情を浮かべていましたね。しかし『ミヤネ屋』ではすっかり気分を切り替えたようで、宿敵である『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)のコメンテーター・玉川徹氏への批判を飛ばすなど、存分に橋下節≠披露しています」(芸能ライター)


悲願の大阪都構想が実現できなかったうえに、視聴者から反感を買ってしまった橋下氏。まさに踏んだり蹴ったりといったところだろうか…。

関連記事(外部サイト)