加藤綾子“マウント女”にスカッとジャパン! 超倍返しに「すごい狡猾…」

加藤綾子“マウント女”にスカッとジャパン! 超倍返しに「すごい狡猾…」

加藤綾子“マウント女”にスカッとジャパン! 超倍返しに「すごい狡猾…」の画像

フリーアナウンサーの加藤綾子が11月11日放送の『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)に出演。過去、被害にあったマウンティング女子のエピソードを明かしたところ、ネット上では加藤が「マウンティング返し≠オた」とツッコミを入れる声が多くあがっている。



今回の放送は、「マウンティング女子の実態」というテーマで、出演者らが過去に遭遇したマウンティングを紹介。話を振られた加藤は、「アナウンサー試験を受ける人ってミス○○≠ェ多いんですね」とミスコン経験者が多いことを説明した上で、「(ある受験者と)出会ってすぐに『どこのミス?』みたいな。その人は多分ミスなんですけど、多分私が取ってないのをわかってるのにそういうことを言ってきて…」と苦い経験を吐露した。


「マウント女見てるー?」

このエピソードに対し、スタジオの共演者らは顔をしかめ「女子アナ怖いねー」とドロドロした女子アナの世界にドン引きするなか、お笑いコンビ『ブラックマヨネーズ』小杉竜一は「(加藤が)『私はミス取ってないけど、アナウンサーでこれだけ人気者になった』っていう新たなマウンティングですよね?」とイジる。すると、加藤は慌てた様子で「そんなことないですよ!」と一旦は否定したものの、結局は「そうですね」と半ば言わされたように言い放ち、スタジオの笑いを誘っていた。


ネット民は小杉派の意見が多かったようで、実際にネット上では、


《加藤「でも、受かったのは私なんです。マウント女見てるー?」って事で良いか?》

《でも今は私の方が勝ってるわよというマウンティング返しだね》

《「まあ、でも結局私の方が有名になったんですけどね」ってのが見えて、これはこれでマウンティングに見える》

《ミスキャンパスを取ってないことを知りながら聞くのは嫌味だとは思うが、取っていそうな加藤アナだからこそ通用する嫌味なわけで 傍目から見たら褒めてるように聞こえる狡猾さが嫌だわ》

《スカッとジャパンの世界w マジ心の底からマウント女見てるー?だよw めっちゃスカッとするw》


などと、このエピソードを披露すること自体がマウンティング返し≠ノなっているのではとの指摘が相次いだ。


それにしても、加藤にマウントをとったミス〇〇とは誰なのだろうか。

関連記事(外部サイト)