「るろうに剣心」そっくり!【アニメ『呪術廻戦』9話】虎杖の新技がどう見ても二重の極み




呪術師たちの活躍を描くアニメ『呪術廻戦』(MBS/TBS系)の第9話が、11月27日に放送された。そこで披露された主人公・虎杖悠仁の新技に対して、某人気マンガの必殺技を連想する人が続出している。


【ネタバレあり】第9話「幼魚と逆罰」

今回のエピソードでは、映画館で高校生たちの変死事件が発生。虎杖は五条悟が手配した“脱サラ”呪術師・七海建人と共に、事件の真相を解明していく。



TVアニメ『#呪術廻戦』第9話「幼魚と逆罰」をご覧頂きありがとうございました!
順平が、呪霊・真人と交流を重ねる一方で、七海は犯人のアジト特定、虎杖は順平の調査にそれぞれ向かうが…?
次回第10話「無為転変」もお楽しみに! pic.twitter.com/2Qkfe4EDck


— 『呪術廻戦』アニメ公式 (@animejujutsu) November 27, 2020



https://platform.twitter.com/widgets.js


現場に残っていた呪力の痕跡を辿り、ビルの屋上にやってきた虎杖と七海。そこには禍々しい姿をした2体の化物が待ち構えていた。七海は虎杖へと余裕たっぷりに話しかけながら、戦闘を繰り広げる。


七海はどんな相手にも強制的に弱点を作り出し、強力な“クリティカルヒット”を繰り出す…という自身の術式を説明。実際に目の前にいる化物に向かって武器を振るい、見事一刀両断してみせた。


そして今度は虎杖の戦闘シーンへ。呪力を込めた拳は勢いよく化物の身体にめりこみ、次の瞬間には背中を貫くような大穴が開く──。


回想シーンでは、五条によって虎杖の拳の秘密が明かされることに。曰く、虎杖の呪力は“遅れてやってくる”のが特徴。高い瞬発力に呪力が追い付いていないため、変則的な呪力の流れが生まれているそう。拳が当たった直後に呪力がぶつかり、一度の打撃で二度のインパクトが生じるという。五条が技を「逕庭拳(けいていけん)」と名付けると、虎杖は「かっこいい!」と声を弾ませるのだった。


逕庭拳の説明に対して、ネット上では『るろうに剣心』でお馴染みの必殺技「二重の極み」を連想する人が続出。《一度の打撃に二度のインパクト…それって二重の極みでは!?》《虎杖の逕庭拳、物理と呪力による天然の二重の極みだな》《どう見てもグロめの二重の極みじゃん!!》《呪術廻戦の主人公、そりゃ人気出るわ。るろ剣の左之助やん》《新技が二重の極みにしか見えないんだけど! 破壊力あるのも納得だわ》など、大きな反響が巻き起こっている。


虎杖の攻撃を目の当たりにした七海は、「やられる方は想像以上に嫌でしょうね」とその威力を高く評価。さらに今後の伸びしろについても期待を寄せ、「あの人(五条)が連れてきただけあるわけだ」と太鼓判を押していた。


虎杖たちが事件の真相を追う一方、その裏では邪悪な存在が暗躍している様子…。両者がいかなる戦いを繰り広げるのか、今度の展開も要チェックだ!


■アニメ『呪術廻戦』公式サイト


文=猿田虫彦

写真=まいじつエンタ


「るろうに剣心」そっくり!【アニメ『呪術廻戦』9話】虎杖の新技がどう見ても二重の極みはまいじつで公開された投稿です。