辛辣すき?!『しくし?り先生』一発屋芸人に“カ?チ説教”「胸か?痛い」

辛辣すき?!『しくし?り先生』一発屋芸人に“カ?チ説教”「胸か?痛い」

辛辣すき?!『しくし?り先生』一発屋芸人に“カ?チ説教”「胸か?痛い」の画像

11月30日放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)で、芸人が「ガチ説教」を繰り広げ、話題になっている。



この日の企画『お笑い研究部』には、「ラップネタ」でかつて一世を風靡した『ジョイマン』の2人が登場。ネタを披露した後、出演者たちにアドバイスを求めた。


『ジョイマン』高木晋哉が「記憶に残るようなネタをやりたい」と口にすると、『平成ノブシコブシ』の徳井健太は「何それ? 記憶に残るようなネタって、誰の何?」と厳しく追及。高木は返答に窮し「それが分かったら、ここに来てないですよね…」と嘆いて周囲を笑わせた。


徳井のダメ出しは、これにとどまらなかった。どんな有名芸人であっても新しい芸をひねり出す努力は怠らないとし、「自分の一本の『やり』だけで仕事が残るなんて、単純に考えが甘いんじゃない?」と2人を責め立てる。


『ジョイマン』の2人に「やめれば?」

相方の池谷和志は「ラップネタ」をやめるなど、試行錯誤した時期もあったと説明したが、徳井はネタ作りを歌手の曲作りに例えて持論を展開。有名歌手でも「何年か沈んだ時期があっても、またヒット曲を出してきて今があるじゃん」と強調。「それを(ジョイマンは)昔の曲ばっかりやってる」と形容した。


「はい」とうなずく高木に、「そういう(新曲作りをしない)歌手に対して、どう思う?」と徳井は質問。「『新しい曲作ってもいい曲できないんですよ〜』(という歌手は)やめれば? と思わない?」とまくし立てた。


この日の放送は、徳井の痛烈なダメ出しが目立つ展開に。視聴者からは指摘が的確だと認める声もあったが、厳しすぎるとの意見も多かった。


《ノブコブ徳井さん辛辣すぎるw》

《すこしでも芸歴とか知名度が上ってだけで 評論家ぶる芸人…なんか胸が痛い》

《吉村の代理で来たあの方、ジョイマンに凄く厳しい意見を言ってるけどあれって言い方や発言を間違えればパワハラになりかねないと思う》

《正論ぶつけてるだけだから笑いどころが分からなくなった》

《今日の徳井さんって人の説教見て、面白いと思う人って具体的にどんなところが面白いのか純粋に気になる…》


徳井の愛ある説教が『ジョイマン』の再ブレークに一役買えばいいが…。


【画像】


Aleksander Savelev / Shutterstock

関連記事(外部サイト)