『サンモニ』関口宏の“後出し批判”にウンザリ!「文句を言うなら対策を…」

『サンモニ』関口宏の“後出し批判”にウンザリ!「文句を言うなら対策を…」

『サンモニ』関口宏の“後出し批判”にウンザリ!「文句を言うなら対策を…」の画像

11月29日に放送された『サンデーモーニング』(TBS系)では、再び感染拡大が懸念されている新型コロナウイルスについて特集。司会の関口宏が、またもや政府の政策に苦言を呈したのだが、視聴者からは番組へのツッコミが殺到している。



11月28日の新型コロナ新規感染者数は2683人に。1カ月前と比べて3倍以上の数字となっており、過去最高を記録した。感染が拡大するかどうかという瀬戸際で、政府はGoToトラベルキャンペーン≠フ見直しを発表。内容は、札幌市と大阪市をキャンペーンの対象から除外するというものだった。しかし、政府が東京都に言及していなかったため、都内外から批判が集中することに。


関口も政府の政策に疑問を抱いているようで、「無理して無理して、後手後手に回っているような、そんな印象を受けちゃうんですよ」とコメント。さらに「政府が強い姿勢で出てこないと自治体も…」などと苦言を重ねていた。


政府よりも番組側の対応が気になる…?

しかしネット上では、批判的な意見ばかり取り上げる「サンモニ」に反発する視聴者が続出。また、マスクなどの対策もなく、高齢者が顔を合わせて生放送していることも批判の的となっており、


《政府の対策が不十分なら、番組独自の姿勢を何故示さない。高齢者の関口MCは出演すべきではない。コメンテーター全員リモートで良い》

《テレビに出る人がみんなマスクしてくれたら、国民の危機感も少しは高まると思います。リモート出演も減りましたし…。文句を言うなら、関口さんもなんらかの対策をするべきでしょう》

《関口宏が私財を投げうって、政府や困っている人たちを助けるならともかく、批判を言うだけでは無責任だと思う》

《後から批判するのは簡単ですが、その一番簡単なことしかやらないのもいかがなものか》

《常に批判ばかりでうんざり。コメンテーター変えてほしい》


といった声があがっている。


政府を批判する一方で、逆に手厳しいコメントが集中してしまった「サンモニ」。情報番組には、色眼鏡なく意見が言えるコメンテーターが求められているのだろう。

関連記事(外部サイト)