みちょぱの“ジェンダー論”に共感の声「100%同意」「その言葉につきる!」

みちょぱの“ジェンダー論”に共感の声「100%同意」「その言葉につきる!」

みちょぱの“ジェンダー論”に共感の声「100%同意」「その言葉につきる!」の画像

11月29日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)に、タレントのみちょぱこと池田美優が出演。タレントのりゅうちぇるの「おもちゃに性別はいらない」というジェンダー論に対し放った一言が、《ホントその言葉に尽きる!》《あの空気でよく言ったと思う》などとネット上で話題になっている。



今回りゅうちぇるがスタジオに登場するのは約3年ぶり。番組では多様性についての考えが度々話題になる文化人≠ニして、メディアにおけるジェンダーの描き方≠ノついて物申す展開となった。


りゅうちぇるは、「どうして女の子が遊ぶ人形のCMには女の子しか出演しないのか」「男の子が見るレンジャーショーは絶対にピンクは女の子」といった無意識の押し付けを感じるといい、それによって子どもが成長したときに「人と違うことを『君おかしいよ』と言う人になってしまって保守的になってしまう」と力強く意見。「だからこそ僕はおもちゃのCMも、性別も年齢も超えて良いと思うんですね」と結論づけた。


これに『爆笑問題』太田光が「自分も人形が好きで、ひな祭りが羨ましかった」などと共感するなか、コメントを求められたみちょぱは「そこまで別に気にしたことなかったというか、逆にそれを言っちゃうことで気にし過ぎなんじゃないかな。なにも気にしないほうが、気にならないと思う」と一蹴。自身も兄の影響で人形よりもゲームが好きだったことを明かし、「好きなモノはメディアに限らず変わっていくから、そこまで、こだわらなくもいいんじゃないかな」と、ジェンダー論をおもちゃにまで求めなくても良いのではないかとの考えをあらわにした。


多様性の主張もまた押しつけに…?

多様性≠ェテーマともいえる現代。りゅうちぇるの主張も至極うなずけるものではあるものの、視聴者からはみちょぱのリアル≠ネ意見に対し、


《みちょぱのコメント好感持てた。 普通のことをちゃんと言えるっていいよね》

《みちょぱわかる〜! ホントその言葉につきる! LGBTの人の方が気にし過ぎてる気がする!》

《りゅうちぇるの言ってることは素晴らしいが、スタンス的にはみちょぱに100%同意。逆の押しつけになる可能性もあると思うし、目指すべきは「意識したことなかった」だろうし》


などと共感する声が続出。しかし、その一方で、


《LGBTQ問題でもよく出る意見なのよね。差別なんて無いじゃん的な意見。 誰かが声を上げてくれてるから、自分は感じたことが無いんだって気付いて欲しいんよ》

《気にし過ぎって言葉は、考えて発信してる人に向ける言葉としては、浅くて適当で思考を止めてると思った》


などと指摘する声もあがっている。


ちなみに、おもちゃ量販店『トイザらス』の商品カタログでは、男の子用・女の子用というジャンルではなく、人形などを集めた「なかよし編」、車などを集めた「ヒーロー編」というジャンル分けがされている。


どちらが良いと簡単に判断できる問題ではないが、それぞれの主張を尊重し、押し付け合わない世の中になってほしいものだ。

関連記事(外部サイト)