『ボンビーガール』劇団ひとりのブチギレに反論続出「ズレてる」

『ボンビーガール』劇団ひとりのブチギレに反論続出「ズレてる」

『ボンビーガール』劇団ひとりのブチギレに反論続出「ズレてる」の画像

ピン芸人の劇団ひとりが、12月15日放送の『幸せ!ボンビーガール』(日本テレビ系)に出演。スタジオトークで杉村太蔵にブチギレたが、視聴者からは賛否の両論あがっている。



この日は企画「開業ガール」を放送。ミニ割烹料理店を開こうと奮闘する女性2人組に密着した。2人は間借りの仲介業者に依頼し、スペースを貸してくれる既存店を探していく。


VTRを見ながらスタジオでは、ひとりや水卜麻美アナウンサー、ゲストの藤岡弘、らがトーク。藤岡は間借りを「便利なシステムだね」、ひとりは「メリットしかないですよね!」と絶賛していたが、杉村は「いいことばっかりのように感じるんですけど、貸す方がリスクが高いんですよ」と指摘。仮に間借りした側が食中毒を起こした場合は、間貸しした側の責任になるとし、トラブルも起こりがちと説いた。


ひとりは納得しながらも「みんなが『いいシステムだ』って言ってたんだから、水差さないでよ」とチクリ。杉村はいったん引き下がった。


杉村太蔵に「うるせえな! さっきから!」

結局開業ガール≠ヘ、不動前の家賃11万7000円の店舗を借りて、ランチ時間帯のみ営業することに。プレオープンを終えて、新メニューの開発などを課題に挙げていた。


ここで杉村は「ちょっと冷静になった方がいいと思う」と切り出し、「飲食店の家賃のかけられる比率って分かってるのかな?」とし、飲食店の収益の成り立ちを説明。ランチのみの営業で、現状の価格設定では売り上げがさほど上がらないとして「それでうまくいくの?」と疑問を呈した。


するとひとりは「うるせえな! さっきから!」と一喝。「夢追っかけてんだよ、彼女たちは! 問題ばっかり言いやがって!」とまくし立てる。杉村はしどろもどろになりながら「ぜひそういう気持ちで見てほしい…」と弁明した。


2人は夜の営業も一部取り入れて初月、まずまずの売り上げを立てた。視聴者はスタジオトークに関し、杉村の言い分も納得できるとし、ひとりの姿勢を疑問視していた。


《杉村太蔵もっともなこと言ってるのに、うるせえなは無いよ劇団ひとり》

《この番組の劇団ひとりは、なんかちょっとズレてると思うの私だけ?》

《杉村太蔵の意見をちゃんと聞かない劇団ひとり》

《劇団ひとりは一蹴したけど、杉村太蔵さん結構大事な事言ってたよ》

《杉村太蔵珍しく正論言ってたな 劇団ひとりがうるせーなって笑いに変えてたけどあそこは誤魔化さんでええ》


視聴者にとって、うるさいのは劇団ひとりだったようだ。

関連記事(外部サイト)