斉藤由貴、板尾創路の“不倫相手”の現在は…悲惨すぎる不倫の代償

斉藤由貴、板尾創路の“不倫相手”の現在は…悲惨すぎる不倫の代償

斉藤由貴、板尾創路の“不倫相手”の現在は…悲惨すぎる不倫の代償の画像

複数女性との多目的トイレ不倫≠ナ芸能活動を休止し、謝罪会見を開くも火だるまとなった『アンジャッシュ』渡部建。相手女性については、一般人であることを理由に頑なに明言を避けたため、未だ多くの疑問が残っている。



他方、相手の現在がつまびらかになっている不倫芸能人も、数多く存在している。一般人と不倫した女優・斉藤由貴もその1人だ。


斉藤は2017年9月、50代の男性医師とダブル不倫していたことが発覚。翌年5月には『週刊現代』にて、相手の医師が離婚調停中であることが報じられた。同誌によると、医師には5人もの子どもがいたが、不倫によって夫婦関係は冷えきってしまったのだとか。また、同誌記者の直撃には、医師が記者のICレコーダーを奪い、車で逃走したと報じられている。


後日、記者が自宅を訪れると妻が応対し、別居中であることを明かしたとのこと。離婚については「お答えできません」とコメントしたが、5人もの子どもがいた家庭が崩壊したことは想像に難くない。現在、斉藤は女優として復帰を果たしているが、相手の人生を崩壊させたと言われても仕方ないだろう。


吉本興業は不倫相手の方を追い込みがち?

『ダウンタウン』の子飼いである板尾創路は、2017年にグラビアアイドルとの不倫が発覚。その後、板尾は謝罪会見を開いたが、相手はこの騒動により、芸能界から引退してしまった。ツイッターもアカウントだけが残されている状態であり、現在の動向は全くもって不明。相手の芸能人生を奪うという、なんとも胸糞の悪い結末となった。


しかし、板尾は2020年2月にも、ツイッターのダイレクトメッセージで一般女性をカラオケに呼び出し、無理矢理キスをして下着を脱がすなどの行為を行なっていたことが発覚。女性1人の人生を奪ったにもかかわらず、再び繰り返している辺り、何も気にしていないサイコぶりがうかがえるだろう。


「昨年の闇営業騒動≠ナは、『ロンドンブーツ1号2号』の田村亮が、『吉本興業』岡本昭彦社長の『在京5社、在阪5社のテレビ局は吉本の株主やから大丈夫や』という発言をバラし、大きな話題になりました。板尾のカラオケ事件は強制わいせつにも当たる重大な事件でしたが、大手ワイドショーはスルーし、バッシングも皆無。大手メディアが吉本興業に対して忖度≠オていることが浮き彫りとなっています。渡部があれだけマスコミの餌食になっているのも、吉本ではないことが影響しているでしょう。にもかかわらず、板尾の親分である『ダウンタウン』松本人志は、2020年8月の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で『(メディアの忖度は)吉本に対しては一切ないもんね!』と不満を爆発させているのです」(芸能ジャーナリスト)


吉本で言えば、松本の相方・浜田雅功も、不倫相手を芸能界引退に追い込んでいる。自らの不貞行為にもかかわらず、女性側の人生を変えているのだから、その非道っぷりには唖然とする他ない。

関連記事(外部サイト)