『格付け』GACKTが“人気俳優”に直オファーも断られ…「一週間の既読無視」

『格付け』GACKTが“人気俳優”に直オファーも断られ…「一週間の既読無視」

『格付け』GACKTが“人気俳優”に直オファーも断られ…「一週間の既読無視」の画像

1月1日放送の『芸能人格付けチェック! 2021お正月スペシャル』(テレビ朝日系)で、ミュージシャンのGACKTが無敗記録を更新。コンビを組んだ倖田來未も全問正解と絶好調だったが、実は倖田が出演した裏には、ある俳優がオファーを断ったという経緯があったようだ。



今回、倖田はGACKTから直々のオファーを受けて出演を承諾。無敗のGACKTのパートナーとのことで、一度はその責任の重さからオファーを断ったというが、考えを改めて受けることにしたと明かされている。


そしてこの出演をめぐっては、GACKTのYouTubeチャンネル『がくちゃん GACKT official YouTube』で更なる裏側が明かされた。1月1日に更新された動画『【格付け】GACKT×倖田來未! 超裏話満載アフタートーク!!』で、GACKTは倖田を招いて『格付け』についてトーク。倖田が一度オファーを断った話をする中で、俳優の山田孝之がGACKTからのオファーを断っていたという話も明かされた。



GACKTを無視した山田孝之

GACKTはある日、プライベートで仲の良い山田に、「孝之さあ、格付けのパートナー、オマエやらない?」とLINEでオファーしたそうだが、そこから何と一週間既読無視をされてしまったという。


そして一週間後、山田から「お久しぶりです。山田孝之でございます。毎年、年を明けてワクワクするのは『格付けチェック』。あれを見て、毎年『年を越したな』『新年を迎えたな』と思う、そんな気持ちで過ごしていた自分ごときが、番組に泥を塗るようなことがあってはいけない」「出演者としてではなくイチ視聴者として、これからも末永く応援しております」といった長文が届き、丁重に断られてしまったようだ。


「2018年、19年にYOSHIKIが出演した際も、GACKTからの直接のオファーだと明かされています。そして16年には、GACKTがオファーを断られまくったことを明かした上で、ホリエモン≠アと堀江貴文氏とコンビを結成。毎年、GACKTのパートナーにはGACKTと実際に仲の良い大物が出演しているため、このラインナップも番組の一つの目玉となっています」(芸能記者)


年末年始3日間の民放番組で、1位の視聴率22.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した今年の『格付け』。この数字を見ると、ますますGACKTのオファーから逃げるタレントが続出してしまいそうだ。

関連記事(外部サイト)