『南海キャンディーズ』事故レベルの大スベリ! 芸人からの名指しに反省…

『南海キャンディーズ』事故レベルの大スベリ! 芸人からの名指しに反省…

画/彩賀ゆう

1月1日、毎年恒例のバラエティー番組『笑いの王者が大集結! ドリーム東西ネタ合戦2021』(TBS系)が放送された。売れっ子が大集結する同番組で、大スベりしたコンビが容赦なく名指しされて話題になっている。



『ダウンタウン』が司会を務め、『千鳥』、『博多華丸・大吉』、バカリズム、『サンドウィッチマン』など、実力派の超売れっ子が多数出演。それぞれが渾身のネタを披露して笑いをとった。


そして大トリとして、陣内智則が登場。しかし実は、陣内にはこの番組と因縁がある。昨年も陣内は大トリで登場して、雑誌『デアゴスティーニ』をパロディーするネタをしたのだが、終始スベリ続けた挙句、ネタ終わりに浜田雅功から「何かスベってなかった?」と痛烈なダメ出しを受けてしまったのだ。陣内はその後、他の現場でもこの番組での失態をイジられ続け、心に深い傷を負ったことを明かしている。


だが今回、陣内は再度『デアゴスティーニ』ネタでリベンジ。昨年よりはしっかりと笑いをとって無事にリベンジを果たしたのだが、大爆笑とはいかず、なんとも微妙な空気に。松本人志からは「一番おもんなかった」、浜田から「後半、ほんまにおもんなかった」と結局ダメ出しされてしまう。


さらにここで、松本から「正直なとこ、陣内よりもダメだったとこってある?」と陣内に質問が飛ぶ。すると陣内は「僕よりも下ってこともないですけど、同じくらい…。ガチで言っていいですか?」と前置きしたうえで、「南海キャンディーズですね」と真顔で回答。これにスタジオでは大爆笑が起こるも、『南海キャンディーズ』の2人は立ちあがって、山里亮太が「俺は同じ傷を持った人間だと眺めていたのに、切りかかってくるなら覚えてろコノヤロー!」と叫ぶのだった。


『アルコ&ピース』もスベってた

『ダウンタウン』すらスルーしたガチスベりを指摘されてしまった『南キャン』に、ネット上では


《陣内は去年の込みで笑えたけど、南海キャンディーズとか結構ガチなの巻き添えにしてて草》

《南海キャンディーズスベってるはガチすぎてアカンのよ》

《南海キャンディーズがスベってたのはガチすぎるwww 山里さん傷ついちゃうから…》


といった声があがっている。


「『南キャン』のスベリについては、同番組に出演していた後輩芸人の『鬼越トマホーク』も指摘しており、ラジオ番組で『一番スベってたのは、南海キャンディーズさんで、二番目にスベってたのがアルコ&ピースさん』と暴露。これに山里がツイッターで《相方との反省会の声が蘇る「うちら頑張らなあかんなぁ、みんなすごいなぁ…」頑張ります》と、本気の反省を口にしていました」(芸能記者)



鬼越!バラしたなっ!
まったく!陣内さんといい鬼越といい…


みんな忘れてるな!うちの相方の拳がかつてオリンピックを目指すほどであった事を…あいつらボッコボコに…


相方との反省会の声が蘇る


「うちら頑張らなあかんなぁ、みんなすごいなぁ…」


頑張ります。


— 山里 亮太 (@YAMA414) January 1, 2021


https://platform.twitter.com/widgets.js


来年、『南キャン』のリベンジに期待したい。

関連記事(外部サイト)