水卜麻美アナ『スッキリ』で“デブ扱い”されて怒るも…「言葉遣い悪すぎ」

水卜麻美アナ、“デブ扱い”に痛烈なツッコミも「言葉遣い悪すぎ」との苦言相次ぐ

記事まとめ

  • ダイヤモンドが6日放送の日本テレビ系『スッキリ』に出演し、ネタを披露した
  • 水卜麻美アナをイジったネタでは、本人から痛烈にツッコミが飛んだ
  • ネット上では「言葉遣い悪すぎだろ」といった、水卜アナへの苦言が相次いだ

水卜麻美アナ『スッキリ』で“デブ扱い”されて怒るも…「言葉遣い悪すぎ」

水卜麻美アナ『スッキリ』で“デブ扱い”されて怒るも…「言葉遣い悪すぎ」

水卜麻美アナ『スッキリ』で“デブ扱い”されて怒るも…「言葉遣い悪すぎ」の画像

1月6日放送の『スッキリ』に、元旦に放送された『おもしろ荘2021』(どちらも日本テレビ系)で優勝を果たしたお笑いコンビ『ダイヤモンド』が出演。生放送でネタを披露したところ、水卜麻美アナウンサーから痛烈にツッコまれてしまった。



「ダイヤモンド」が披露したのは、カフェの注文における「コーヒーのサイズ」をネタにしたもの。ラージやグランデなど、店舗ごとに異なるサイズ名を体で表し、スタジオでも笑いが起こる。番組用にアレンジしたのか、途中には「スッキリ」レギュラーを組み入れたネタも。「スターバックスで『ミトちゃん』って注文したら『ヴェンティ』が出て来ちゃうよ!」と、ぽっちゃりキャラで知られる水卜アナと、『スターバックスコーヒー』の最大サイズ・ヴェンティをかけてイジる場面もあった。


ネタが終了すると、水卜アナが「文句はあるけど嬉しい。文句はあるけど」と、大人の対応で不満を述べる。すると、天の声を務める『南海キャンディーズ』山里亮太は、「どうしたヴェンティ?」と、言ったそばからイジるストレスフルなボケをかました。


デブ扱いに反撃するも批判される水卜麻美アナ

不満なそばから立て続けにイジられてイラッとしたのか、水卜アナは「ヴェンティじゃねぇ!」と即座にツッコミ。スタジオが笑いに包まれると、山里はさらに「どうしたヴェンティ?」といやらしく反撃する。


一連の流れはいかにもバラエティー的だったが、ツッコミとはいえ、女子アナが乱暴な言葉遣いをすることに、視聴者は違和感を覚えたよう。ネット上には


《言葉遣い悪すぎだろ》

《ミトちゃん怒りは分かるが落ち着いて》

《朝の情報番組でこの口調はない。調子に乗りすぎ》

《女子アナが『じゃねぇ』って言っていてビックリした》

《笑いの流れとは言えじゃねぇって》


など、水卜アナへの苦言が上がってしまった。


自身も認めているとはいえ、他人から体型イジリをされ、瞬間的に不愉快になってしまったのだろう。

関連記事(外部サイト)