『火曜サプライズ』竹内涼真の“食事マナー”に「ショック」

『火曜サプライズ』で竹内涼真とウエンツ瑛士がお好み焼きをピザ状に切り驚く声

記事まとめ

  • 竹内涼真が『火曜サプライズ』に出演し、ウエンツ瑛士とともに三軒茶屋を訪問した
  • 2人は喫茶店、トーストの店、カレー店を訪れた後にお好み焼き屋を訪れた
  • しかし、2人がお好み焼きをピザ状に切ったことに、主に関西圏の視聴者が衝撃を受けた

『火曜サプライズ』竹内涼真の“食事マナー”に「ショック」

『火曜サプライズ』竹内涼真の“食事マナー”に「ショック」

『火曜サプライズ』竹内涼真の“食事マナー”に「ショック」の画像

俳優の竹内涼真が、1月12日放送の『火曜サプライズ』(日本テレビ系)に出演。ロケで飲食店を訪れたが、店内での食べ物の扱いに驚く声が漏れている。



竹内はウエンツ瑛士とともに、三軒茶屋を訪問。喫茶店とトーストの店、カレー店を訪れた後にお好み焼き屋を訪問した。


看板メニューの、豚ひき肉を使った「津久井天」がテーブルに登場。別々のテーブルに座った竹内、ウエンツは店主のアドバイスを受けながら、それぞれ鉄板の上で焼いた。


2人は見事な手つきでお好み焼きをひっくり返すことに成功。マヨネーズ、ソースを塗りながら混ぜると、店主は「あとは好きに」とお任せ。思い思いに青のり、かつおぶしを振りかけた。


竹内はお好み焼きを切って口に運び「ちゃんとおいしくできてる!」「ふわふわですね」と感激した様子。視聴者も「おいしそう」などとうらやましがっていたが、このときの竹内、ウエンツのお好み焼きの切り方に一部視聴者は首をかしげていた。


お好み焼きをピザ状にカット

竹内、ウエンツが切ったお好み焼きを見ると、2人はへらを使ってお好み焼きを縦横にカット。その後、2人ともにお好み焼き4切れをそれぞれ2分割し、8切れに分けたようにも見えた。


一般にお好み焼きの切り方は格子状、ピザ・ケーキ状に分かれ、地域性によって異なるもようだ。主に関西圏の視聴者は、2人がお好み焼きをピザ・ケーキ状に切ったことにショックを受けたようだ。


《竹内涼真がお好み焼きをピザみたいに切ってる事にちょっと違和感 お好み焼きって四角く切るよね?》

《竹内涼真のお好み焼きの切り方! なんでピザみたいなの!?》

《お好み焼きをビザみたいな切り分けするな 店主もそこは注意しとけよ》

《ウエンツのお好み焼きの切り方は関西としては許せない。ケーキじゃないんだから》

《ウエンツさん、お好み焼きをピザ切りしてる…ショックだな》


お好み焼きぐらい自由に切らせてあげればいいものを…。

関連記事(外部サイト)