宇多田ヒカルが本サイト記事に対し「男がヒモでもいいじゃない」

宇多田ヒカルが本サイト記事に対し「男がヒモでもいいじゃない」

宇多田ヒカルが本サイト記事に対し「男がヒモでもいいじゃない」の画像

歌手の宇多田ヒカル(33)が本サイト『まいじつ』の記事に反応し、インターネット上のニュースサイトなどで話題になっている。


宇多田は8月27日付配信の記事に反論するため、8月29日にツイッターへ次のような文面を書き込んだ。



《私が人生のパートナーに求めるものランキングの最下位:経済力》


《経済力のある男性が優しくてかわいくて自分を一番に思ってくれる女性(経済力低め)を選んだってなんの不思議にも思われないのに、性別が逆になると問題があるかのように思うのは非常に非理論的だ。男の子って大変ね。》


この投稿が大きな反響を呼んで、様々なメディアでニュースとして発信された。それに伴い、夫のF氏が専業主夫であることは宇多田本人も認めたようだ。


「もちろん、どんな形であれ夫婦円満に越したことはないし、宇多田なら夫を養っていくだけの経済力もあることでしょう」(女性誌記者)


また、本サイト『まいじつ』は『SMAP』の中居正広(44)も目にしているという。


「中居が自宅で、昔でいう二級酒を飲んだり、ロケ弁を持ち帰って食べている話を『まいじつ』が書いたら『よく知っているな。だれかスタッフが書いてんじゃねえの』と言って笑っていました。中居のマンションにはテレビが5台以上あり、常に全放送局がつけてあります。テレビを見ながらネットも見るのが日々の生活です」(芸能ライター)


宇多田は、朝の連続テレビ小説『とと姉ちゃん』(NHK)のテーマ曲『花束を君に』で、約6年ぶりに音楽活動を再開し、それが同ドラマの高視聴率につながっていることも本サイトはたびたび報じている。



そして、NHKでテーマ曲に採用されたことで紅白歌合戦への出演も噂されている。


「彼女はロンドンに在住していますが、これまで断っていた紅白歌合戦に出演する伏線で、テーマ曲を作ったという話もあります」(音楽ライター)


是非とも生放送で歌声を披露してもらいたい。

関連記事(外部サイト)