松本伊代の“何気ない一言”に批判「無意識のマウント」今週の嫌われ女ランキング

松本伊代の“何気ない一言”に批判「無意識のマウント」今週の嫌われ女ランキング

松本伊代の“何気ない一言”に批判「無意識のマウント」今週の嫌われ女ランキングの画像

今週もさまざまな女子アナ、女優、女性タレント、アイドルが話題となった芸能界。旬の話題をお届けする『まいじつ』の読者に、今週もっとも“嫌われた女”ランキングと、代表的な記事をご紹介します(1/14配信まで、独自ポイントで集計)。


1位 松本伊代 : 松本伊代の“何気ない一言”に批判殺到「無意識のマウント」「タチ悪い」480pt.


松本伊代の“何気ない一言”に批判殺到「無意識のマウント」「タチ悪い」



2位 島崎和歌子 : 島崎和歌子の“お笑い第7世代”ブッタ切りに賛否「同感です」「老害だ」143pt.


島崎和歌子の“お笑い第7世代”ブッタ切りに賛否「同感です」「老害だ」



3位 白石麻衣 : 元『乃木坂』白石麻衣のロケに“苦情”?「しんどすぎる」「酔いそう」74pt.


元『乃木坂』白石麻衣のロケに“苦情”?「しんどすぎる」「酔いそう」



4位 K?ki, : K?ki,も“父親ジャケット”着用! 家族総出のアピールに呆れ声73pt.


K?ki,も“父親ジャケット”着用! 家族総出のアピールに呆れ声



5位 池脇千鶴 : 池脇千鶴の“激変”に視聴者騒然! 9年ぶり主演ドラマの役作りが原因!? 67pt.


池脇千鶴の“激変”に視聴者騒然! 9年ぶり主演ドラマの役作りが原因!?



6位 フワちゃん : フワちゃん“嫌いな女”に毒舌も「不快感しかない」「お前が言うな」55pt.


フワちゃん“嫌いな女”に毒舌も「不快感しかない」「お前が言うな」



7位 橋本マナミ : 橋本マナミの“潔癖エピソード”に批判「完全な家事ハラ」「旦那がかわいそう」 34pt.


橋本マナミの“潔癖エピソード”に批判「完全な家事ハラ」「旦那がかわいそう」



8位 真木よう子 : 真木よう子の“顔”に動揺の声「変わりすぎてない?」「色っぽい」 30pt.


真木よう子の“顔”に動揺の声「変わりすぎてない?」「色っぽい」



9位 ミッツ・マングローブ : テレビ局のずさんな“コロナ対策”を暴露! ミッツの証言に「よく言った」26pt.


テレビ局のずさんな“コロナ対策”を暴露! ミッツの証言に「よく言った」



10位 菅野美穂 : 菅野美穂の“子育て苦労話”に心配の声「かなりの末期症状」「疲れた顔してる」19pt.


菅野美穂の“子育て苦労話”に心配の声「かなりの末期症状」「疲れた顔してる」



島崎和歌子の“お笑い第7世代”ブッタ切りに賛否

今週もっとも注目を集めたのは、タレントの松本伊代にまつわる話題でした。


松本は、1月6日放送の『あいつ今何してる?』(テレビ朝日系)に出演。堀越高校の同級生で、元アイドル・新井薫子と画面越しの対面を果たしました。


松本は過去に2度、番組を通して新井との対面を希望していたといいますが、いずれも断られたそう。しかし今回、ついに取材が承諾されたことに大喜びしました。


「新井は高校時代にデビューしましたが、その後、体調を崩して高校を中退し、名古屋の病院に4カ月も入院していたといいます。退院後は、控えめに芸能活動を続けていましたが、現在は現代美術家として活躍。19年前に吉本興業とマネジメント契約していたようです。松本からのオファーを断っていたのは、『(オファーを)知らなかった』という、単なる行き違い≠セったようですね。松本は新井の華麗なる転身≠ノかなり驚いたようで、『昔からすごい行動力のある子で。自分が子育てしている間にいろんな事にチャレンジして…。すごい』と感心しきりでした」(芸能記者)


懐かしの対面を果たした松本ですが、ネット上では、


《新井さんがもし独身なら、これほど嫌味なことはないよね。いちいち子育てとか言わなくてもいいのに》

《伊代さん、無意識にマウントしてますよ。結婚して子どもを産んで子育てをしたっていう余裕と上から目線、出ちゃってます》

《伊代ちゃんさらっとヒドいこと言うな。これって新井薫子に子どもがいないってことだよね?》

《本人悪気はないようだけど、そういうのが1番タチが悪い。もう少し言い方考えたほうがよかったのでは…》

《私も子どもがいるけど、伊代ちゃんの言葉聞いて、まっさきに嫌な感じを受けました。もう少し相手に配慮できなかったのかな》

《「私が子育てしている間に」って、毒を感じる。新井さんだって立派にアーティストとして活躍してるよ》


などと、非難の声が殺到しています。


松本にしてみれば無意識での発言だったようですが、視聴者にとっては、余計な一言が上から目線と感じてしまったようです。


続いては、タレントの島崎和歌子にまつわる話題。


島崎は、1月5日に放送された『川島大悟の言いがかり提案します 〜世の中もっと良くしません?〜』(フジテレビ系)に出演。お笑い界を席巻する「お笑い第7世代」への本音を明かしました。


島崎は『EXIT』『宮下草薙』『霜降り明星』など、お笑い界で大人気の第7世代に持論を展開。島崎は、「第7世代の笑いがちっとも分かりません」と発言。共演者は「乱暴な言いがかり」「はっきり言うたな」と爆笑しましたが、島崎は『ホンマでっか!? TV』(同系)で共演中の「EXIT」を挙げ、「『ポンポンポン』って何?」と彼らの持ちネタが理解できないと語りました。


このコメントには視聴者から、


《言ってくれた笑》

《和歌子さんに同感です》

《気を遣わないでズバッと言ってくれるから気持ちがいい》

《よく言ったw 第七世代の笑いがわからないというより、小学生レベルの笑いが多い》


と賛同する意見が。しかし一方では、


《ジェネレーションギャップとかあるよな多分》

《第7世代のお笑いというか最近のお笑いやろ》

《島崎和歌子、そのへんのおばさんでも言えそうなことしか言ってない》

《こういうやつがマヂカルラブリーは漫才じゃないとか言い出すねん》

《自分たちが時代遅れとは思わずに「最近の若者は〜」的に語るのが老害そのもの》


など、第7世代を擁護する声も見られています。この議論の勝者は、10年後、第7世代の何組が生き残っているかで自ずと分かることになるでしょう。


果たして、来週はどんなことが話題になるのでしょうか。

関連記事(外部サイト)