福原愛の女優デビューが密かに進行中

福原愛の女優デビューが密かに進行中

福原愛の女優デビューが密かに進行中の画像

卓球選手の福原愛(27)が女優業に進出するという情報が出てきている。


卓球は30代でも活躍している選手が多く、福原は今後も現役で競技を続ける可能性が高い。女優になるというのは、やや話が飛躍し過ぎに思えるが…。



「3歳で卓球を始めて、テレビ番組で健気に卓球をする姿が最初に話題になり、その後も順調すぎるほど実力を伸ばして、マイナーなスポーツだった卓球を人気競技にした不世出の選手です。幼少のころに、悔し泣きをしながら卓球をするところが注目され“泣き虫愛ちゃん”というニックネームを付けられたことで世間に一気に顔と名前が浸透しました。幼いころから注目を浴び続ける人生を歩んできたため、スター性は群を抜いています」(スポーツ紙記者)


彼女は中国でもっともレベルの高いスーパーリーグに参加したことがある。その際には遼寧省のチームに所属して活躍していた。そのため、中国語も堪能だ。


「卓球は中国の国技のようなスポーツであり、男女問わず人気がある。日本人で好きな人物は?と聞けば、みんな福原の名前を挙げるほどでした」(同)


いまの日本と中国の不仲な関係を考えると考えられない話だが、彼女は胡錦濤前国家主席と卓球をしたこともある。


「あまりの人気ぶりに当時も、中国で女優をさせたいという話はありました。しかし、昨今の反日運動の活発化で立ち消えになってしまった。福原はの顔立ちは、中国では最高クラスの美人顔という評価です」(同)


福原は現在、台湾の卓球選手の江宏傑と交際中だ。



「結婚するかどうかは分かりませんが、彼女はいまテレビ業界で“芸能人待遇”として扱われている。しゃべることもおもしろいし、芸能界向きであることは確かです。本人もテレビ出演は嫌いではない」(テレビ局制作ディレクター)


そうしたなかで密かに進行しているのが、冒頭の女優業の話だ。制作会社が狙っているのだという。


「福原を主人公したストーリー構想があるそうです。外国人青年と出会った卓球少女が恋に落ち、結婚を意識して卓球をやめようとする。しかし、五輪とメダルのために彼氏と別れ、再び卓球少女にもどるという悲恋物語です。ドラマでも映画でも制作可能で、福原の人物像にも合った話です」(芸能事務所関係者)


2020年は東京で五輪が開催される。そういった状況から考えても時期的に合ったストーリーでもある。しかし、問題点もある。


「福原はビジュアルもいいし、話題性もある。でも、問題は彼女のマネジメント事務所です。個人事務所で親族が経営しており、ギャラと内容にうるさく、そこが難点なのです」(同)


実現したら見てみたい。

関連記事(外部サイト)