離婚のイメージが払拭できない陣内智則からのとばっちりを引きずるコブクロ

陣内智則が弾き語りをした『永遠にともに』人気減 コブクロが昨年ライブで解禁も

記事まとめ

  • 藤原紀香との結婚披露宴が控えている片岡愛之助が「ピアノの練習は?」と質問された
  • 紀香の元夫・陣内智則が披露宴で、コブクロの曲をピアノで弾き語りしていため
  • 『永遠にともに』は陣内離婚後は人気減 コブクロも昨年ようやくライブで解禁した

離婚のイメージが払拭できない陣内智則からのとばっちりを引きずるコブクロ

離婚のイメージが払拭できない陣内智則からのとばっちりを引きずるコブクロ

離婚のイメージが払拭できない陣内智則からのとばっちりを引きずるコブクロの画像

歌舞伎役者の片岡愛之助(44)が先日、都内で行われた十月花形歌舞伎『GOEMON 石川五右衛門』の製作発表に出席した。


愛之助は3月に藤原紀香(45)と結婚し、今月28日には都内のホテルで結婚披露宴が控えている。その内容について聞かれると、「準備を頑張っている最中です。シンプルでコンパクトにしたいと思います」と返答した。



紀香といえば、1度目の披露宴で元夫の陣内智則(42)がコブクロの曲をピアノで弾き語りしていた。そのため、愛之助も報道陣から「ピアノの練習はしないですか?」と質問されたが、「ないです。三味線なら弾けるんですけど、そういったことは一切ないので、あまり期待されても困ります」と笑顔でかわした。


一方で、同じ日に陣内も都内で行われたコインランドリーチェーン『WASHハウス』のイベントに“今もっとも洗い流したいことがある芸人”として出席していた。


イベント中、「最近きれいに洗い流したいことは?」と聞かれた陣内は「こびり付いたイメージですね。まあ無理でしょうけどね」と苦笑いしていた。


「陣内も、年内には交際中のフジテレビの松村未央アナウンサーと結婚するのではないかと言われているだけに、2009年の離婚以降、話題にされ続けている離婚や浮気のイメージを払拭したいところでしょう」(芸能ライター)


陣内にいまだにつきまとう離婚のイメージ。そのとばっちりを受けたのがコブクロだ。


「陣内が披露宴で弾き語りをしたコブクロの『永遠にともに』は、その後に結婚式ソングの定番となりました。しかし、陣内の離婚後は人気が落ち、2014年の某バラエティー番組の調べでは5,000組中1組しか使用しなかったとか。コブクロも昨年ようやくライブで解禁したそうです」(同)


再婚すれば洗い流せるかも。

関連記事(外部サイト)