木村拓哉が人気回復のために頼ったのは意外な同級生の人気タレント

SMAP木村拓哉が人気回復のため同級生のマツコ・デラックスに謝罪し共演オファー?

記事まとめ

  • 木村拓哉はSMAPが解散するきっかけを作った人物として評判を一気に落としてしまった
  • タレントの人気のバロメーターとされる潜在視聴率も、木村は悪化の一途を辿っている
  • 木村はこの状況を脱するため同級生のマツコ・デラックスに共演をオファーしたという

木村拓哉が人気回復のために頼ったのは意外な同級生の人気タレント

木村拓哉が人気回復のために頼ったのは意外な同級生の人気タレント

木村拓哉が人気回復のために頼ったのは意外な同級生の人気タレントの画像

SMAP』の木村拓哉(43)が汚名返上に躍起になっている。


木村はSMAPが解散するきっかけを作った人物として、人気と評判を一気に落としてしまった。



「木村はSMAPがジャニーズ事務所から独立を企てた際に、一人だけジャニーズ事務所への残留を表明し、足並みを乱しました。そして、解散が発表されたときには、毎年恒例の休暇を取って、家族とハワイに滞在していました。そのため、ファンから批判を多く受けることになったのです。さらには妻の工藤静香が、写真週刊誌『フライデー』の誌上で《なぜ裏切り者呼ばわりされなきゃならないの!》という見出しの独占取材に応じて反論した。その記事で工藤が、解釈によっては木村以外の4名が悪者であるかのように発言したことで、より一層ファンの怒りを買ってしまったのです」(ジャニーズ事情通)


タレントの人気のバロメーターとされる潜在視聴率も、木村は悪化の一途を辿っている。


「最盛期は12%以上あったとされる木村の潜在視聴率も、1月の解散騒動で7.1%まで低下しています。さらに、8月にSMAPの解散が正式に発表され、ファンやメディアからの批判が集中すると、一気に3.2%台にまで急落してしまいました。対照的だったのは、独立を画策したと言われる中居正広が11.7%、香取慎吾が8.8%、草g剛は9.1%、稲垣吾郎も7.8%と軒並み木村よりも高かった」(大手広告代理店幹部)


ちなみに、福山雅治の潜在視聴率は3.1%、向井理は2.1%となっている。



潜在視聴率の低下で心配になるのが、ドラマや映画などへの出演の際の悪影響だ。木村は来年1月から放送開始されるドラマ『Get Ready(仮題)』(TBS系)での主演が決まっている。


「木村主演のドラマは医療をテーマにした作品で、当初は10月から放送される予定でしたが、『ドクターX』(テレビ朝日系)と放送時期が重複するの避けるため、来年1月からの放送にずらしており、放送前からいわくつきになっています。本作が平均視聴率10%以下なら、木村の出演しているドラマは当たるといった法則もなくなるでしょう」(ドラマ関係者)


木村はこの危機的な状況を脱するため、藁をもつかむ思いで頼ったのがマツコ・デラックス(43)なのだという。


「木村とマツコは千葉県の県立K高校で一時期同級生でした。木村はマツコがテレビ番組に出演し始めたときには距離を置いていましたが、イメージを回復させるためにはなりふり構わず、過去の些細な関係をも利用して、マツコへトーク番組の共演をオファーしたと言われています。その際に木村は、これまでの冷たい対応について素直に謝罪したそうです」(制作関係者)


木村にはもう、あとが無くなってきている。

関連記事(外部サイト)