『水ダウ』とんでもない“放送禁止用語”! クロちゃんが放ったワードとは…

『水ダウ』とんでもない“放送禁止用語”! クロちゃんが放ったワードとは…

画/彩賀ゆう

2月10日に放送された『水曜日のダウンタウン』(TBS系)に、『安田大サーカス』のクロちゃんが出演。帰国子女≠ノ対する偏見をぶちかまし、放送禁止となっていた。



この日は前週に引き続き、クロちゃんのダイエット企画を放送。クロちゃんがプロデュースしたアイドルグループ『豆柴の大群』の新曲で他のアイドルとコラボするのだが、そのアイドルのランクはダイエットの成果に応じて変化するというものだ。


マイナス1キロでは元『チェキッ娘』の熊切あさ美、マイナス2キロでは元『アイドリング!!!』の菊地亜美と、コラボ相手としては少々物足りないが、マイナス7キロでは元『ももいろクローバーZ』の有安杏果、マイナス8キロでは元『BiS』のファーストサマーウイカ、マイナス9キロでは『SKE48』の松井珠理奈、マイナス10キロでは元『乃木坂46』の生駒里奈がコラボしてくれるという。


そして番組では、クロちゃんにさらなるやる気を出してもらうため、美人トレーナー「サヤカさん」を用意。サヤカさんに一目惚れしたクロちゃんは、本来の目的を忘れ、サヤカさんと付き合うためにダイエットに取り組んでいった。


「帰国子女だから絶対×××やられてる」

そしてダイエット中のある日、クロちゃんは後輩芸人に電話し、サヤカさんへの熱い思いを打ち明ける。その中で、「帰国子女だから絶対×××やられてるよなって思ったんだけどさぁ、あの感じはやられてないよね」と衝撃発言をしていた。「×××」の部分は放送では伏せられていたが、加工ナシのVTRを見ていた出演者たちは笑いながらも困惑。


藤本敏史は「テレビで×××解禁になったの?」とツッコミを入れ、『ダウンタウン』浜田雅功は「あの言い方はアカン」、大久保佳代子は「偏見もいいとこですよ」と注意していた。


「テレビ放送ではノーヒントだった『×××』の内容ですが、おそらく『ア○ル』のことであるとネット上で予想されています。どんな事故映像も平気で流す『水ダウ』ですが、さすがにこの言葉は躊躇したようですね」(芸能記者)


クロちゃんの偏見には、森喜朗氏も脱帽だろう。

関連記事(外部サイト)

×