評判が地に墜ちた木村拓哉のメンバーへの復讐はまずは稲垣吾郎から

【SMAP解散】批判うける木村拓哉がメンバーに逆襲か 最初のターゲットは稲垣吾郎?

記事まとめ

  • SMAP解散の原因を作ったとして批判されている木村拓哉が逆襲に転じると噂されている
  • 実力のある中居正広よりも、まず稲垣を駆逐するために動くのではと見られている
  • 兆候はすでに表れており文化放送の社長は会見で稲垣のラジオ番組継続を明言しなかった

評判が地に墜ちた木村拓哉のメンバーへの復讐はまずは稲垣吾郎から

評判が地に墜ちた木村拓哉のメンバーへの復讐はまずは稲垣吾郎から

評判が地に墜ちた木村拓哉のメンバーへの復讐はまずは稲垣吾郎からの画像

『SMAP』が解散するきっかけと原因を作ったと批判されている木村拓哉(43)が、逆襲に転じるようだ。


その最初のターゲットとなるのが稲垣吾郎(42)だとみられている。



「木村はSMAP解散にもっとも強硬だったとされる香取慎吾(39)のことをどうにかしてやりたい。しかし、香取は精神的に不安定になっていると言われており、芸能界から身を引くかもしれない。そのため、何もしなくても自滅する可能性が高い。それならば次は、実力のある中居正広(44)よりも、草g剛(42)か稲垣になる。草gよりも人気に劣る稲垣を駆逐するために動くでしょう」(芸能事務所関係者)


『週刊新潮』などによれば、木村はジュリー副社長に「4名をクビしてください」と涙ながらに直訴したという。


「中居に制裁を加えようとしたら、逆にまた自分がメディアに攻撃されるであろうことは木村にも予測できている。そのため、やはり稲垣が最初という見方になる」(同)


稲垣を標的にしているとする兆候も表れている。ラジオ局の『文化放送』は9月20日、定例の社長会見を開き、毎週木曜日に放送されている『稲垣吾郎のSTOP THE SMAP』について言及をしている。12月までは従来通りとしながら、1月以降の放送は決まっていないと発表した。


「グループ名が番組名に入っていることが問題ならば、改めれば済むことでしょう。それが原因で放送未定とするのは不自然です。取材陣は“番組終了”だと思っていました」(スポーツ紙記者)



この文化放送の決別とも取れる話は、ラジオ番組が終わるという意味だけではない。


「文化放送はフジ・メディア・ホールディングスの株主であるため、フジテレビに物申せる立場です。今後はフジテレビで稲垣を使わない、という意思表示かもしれません」(同)


稲垣吾郎のSTOP THE SMAPは、25年も続いてきた歴史のある番組。ファンのためにも来年以降、稲垣を起用し続けても問題はないはずだ。なぜ、番組継続を明言しなかったのだろうか。


「稲垣はこの9月にジャニーズ事務所との契約を更新し、1年間は在籍する予定です。ただ、ジャニーズ事務所の圧力で、徐々に仕事を干すこともできる。見せしめにもなるし、それを最も望んでいるのは木村でしょう」(ラジオ制作者)


木村が望むように事は進むのか。

関連記事(外部サイト)