テレ東、下北沢舞台に上田誠・根本宗子ら小劇場作家11人集結の新ドラマ

テレ東、下北沢舞台に上田誠・根本宗子ら小劇場作家11人集結の新ドラマ

画像提供:マイナビニュース

俳優の古田新太と女優の小池栄子が、テレビ東京系新ドラマ24『下北沢タ?イハート?』(7月スタート 毎週金曜24:12〜)に出演することが23日、わかった。

同作は小劇場界の最先端て?活躍する人気劇作家たちか?集結し、下北沢を舞台に”人生最悪の一日”をテーマに設定も登場人物も変わる1話完結型のコメテ?ィー・ト?ラマ。古田が町のうらふ?れたスナックの常連客、小池がお店のママを演じ、2人か?下北沢て?起きた“人生最悪の一日”を語り始めるところからドラマが始まる。

総合演出は、Perfumeや星野源ら人気アーティストのミューシ?ック・ヒ?テ?オ、ドラマ『カルテット』のエンテ?ィンク?映像なと?を手がける関和亮が務める。またスミスや山岸聖太なと?、人気クリエイターたちか?演出を担当する。脚本は上田誠 (ヨーロッハ?企画)、えのもとく?りむ(く?りむの法則)、喜安浩平(フ?ルト?ッキンク?ヘット?ロック)、西条みつとし(TAIYO MAGIC FILM)、柴幸男(ままこ?と)、根本宗子(月刊「根本宗子」)、細川徹(男子はた?まってなさいよ!)、福原充則(ヒ?チチ5)、松井周(サンフ?ル)、丸尾丸一郎(劇団鹿殺し)、三浦直之(ロロ)の11人。

内容は毎回異なるが、下北沢の街角で全裸て?スーツケースに入ってSMプレイを楽しんでいた政治家が、手違いで身代金受け渡し現場に運ばれてしまうと言った、下北沢で起こったピンチが描かれる。他、ある俳優が入った下北沢の風俗店が警察のガサ入れに合い、しかも警察密着24時的な番組クルーも同行している、など個性豊かなシチュエーションで話が繰り広げられる。出演俳優は後日発表の予定だ。

古田は「さすか?テレ東、うまい具合に考えたな。安くて面白いか?一番」とコメント。下北沢に縁がある古田は「おいらは(下北沢には)ほほ?毎日いるからね。ロケ地か?全てわかるて?しょ。絶対に聖地にならない所を狙って欲しいて?すね」と期待を寄せた。また小池も「チャレンシ?ンク?な企画に呼んて?頂けるのは興奮しますね」と喜びを表す。「大好きなオモロー先輩・古田さんと芝居て?きるなんて夢のようて?す。番組名物になるような、楽しいかけ合いか?出来たら嬉しいて?す」と意気込んだ。

同局 濱谷晃一プロデューサーは「小劇場の舞台をたくさん観てきたファンとして、いつかこの面白さをテレヒ?て?も発揮してほしいと思ってきました」と以前からの構想を明かす。「毎回、ほとんと?1シチュエーションの低予算なコメテ?ィーて?す。たた?脚本か?面白けれは?色々な制約をアイテ?アか?凌駕してくれるのて?はないかと期待しています」と自信を見せた。さらに「最近、テレヒ?ト?ラマは同し?ような作品は?かりた?と言う声もちらほら聴こえてくるのて?、テレヒ?業界の小劇場て?あるテレヒ?東京か?、何か新しい風を吹き込めれは?と願っております!」とアピールした。

関連記事(外部サイト)