木村佳乃、"世界で最も美しい顔"M・ファスベンダーと「是非ご一緒したい!」

木村佳乃、"世界で最も美しい顔"M・ファスベンダーと「是非ご一緒したい!」

画像提供:マイナビニュース

5月26日公開の映画『光をくれた人』のトークイベントが23日、都内で行われ、女優の木村佳乃が出席した。

孤島で暮らす灯台守のトム(マイケル・ファスベンダー)とイサベル(アリシア・ヴィキャンデル)の夫婦に訪れる幸福と痛みが繊細に描かれ、2人の献身的な愛の様や最も大切な人を守ろうとする健気な姿に全世界が涙している本作。日本での公開を間近に控えたこの日は、試写会後に木村佳乃が登場してトークショーが行われた。

これまで観た映画の中でも本作は5本の指に入るほど感動したという木村は「こんなに感動して考えさせられた映画はないですね。切ないシーンやどうしようもないのにどうしようと思う気持ちになり、いろんな気持ちにさせられました。イサベルにも共感しますし、レイチェル・ワイズが演じたハンナの気持ちも痛いほど分かりますし、ストーリーに引き込まれましたね。とにかく観ていただきたい映画です」と絶賛。同年代のマイケル・ファスベンダーについては「よい俳優さんですよね。映画ごとに表情が同じ人と思うぐらい変わるんです。役者として是非ご一緒してみたいです」と共演を希望した。

また、映画のタイトルにちなみ、「光をくれた人は?」という質問には「たくさんいるんですよね。両親もそうですし家族もそう。この仕事を与えてくれた事務所の社長もそうだし、大切にしたい人がいっぱいいます」と回答し、逆に「光を与えたい存在は?」という質問には「それは自分の家族。娘と主人です」と即答。そんな木村は先日発表されたベストマザー賞を受賞したが、「やだ〜! お恥ずかしい…。汗かいちゃいます」と照れ笑いを見せつつ、「今は2人の娘の世話とお仕事で毎日バタバタですが、大変幸せですしお仕事も好きなので、感謝しながら200%やりたいと思っています」と仕事と育児の両立に意欲を見せた。さらに、「今は娘のために長生きしてやるぞと思っています。おばあちゃんになって孫の世話を元気にしたいですよ。身体も心も元気でいたいですね」と話していた。映画『光をくれた人』は、5月26日より全国公開。

関連記事(外部サイト)