役者それぞれのリアルが現れた、ドラマ『母になる』 - "母になる"ことvol.9

役者それぞれのリアルが現れた、ドラマ『母になる』  - "母になる"ことvol.9

画像提供:マイナビニュース

●どうしても理想になってしまう藤木直人
女優・沢尻エリカ主演の日本テレビ系ドラマ『母になる』(毎週水曜22:00〜)から、”母になる”ことを考えるこのシリーズ。vol.9では、役者陣の印象について、同局の櫨山裕子プロデューサーに話を聞いていく。

息子・広(道枝駿佑)が誘拐され、9年の歳月を経て再会することになった母親・柏崎結衣(沢尻)、コウを救い7年間育てていた門倉麻子(小池栄子)、ヘアメイクとして活躍しながら「良い母親になれていない」と苦悩する西原莉沙子(板谷由夏)を中心に、藤木直人、中島裕翔(Hey! Say! JUMP)、といった男性陣も毎回魅力的な演技を見せている。プロデューサーから見て、作品に表れている役者陣の"リアル"とは。

○沢尻エリカ、小池栄子、板谷由夏、藤木直人の印象

――3人の”母”は三者三様の物語を持っていますが、実際にドラマが始まって印象はいかがですか?

沢尻さんはこういう役が初めてで、どうやって母になっていくのか、実際に戸惑ってらっしゃるところもあると思います。でも母になるためにやっていることの空回り感の演技なども、すごく良かったですし、あとはやっぱりきれいですよね。

――沢尻さんを筆頭に、出ている方みなさん美形揃いだなと思いながら見ています。

たまたまなんですが、すごいですよね(笑)。

――小池さんはいかがですか?

小池さんは意外でしたが、「子供が欲しい」という葛藤をすごく持ってる人なんだというのが後からわかって。あんなになんでもできそうな方でも、きちんと真剣に向き合って悩んでいるんだなということが驚きでした。

――麻子の行動はある種エゴなのかなと思いましたが、つい小池さんに共感してしまいます。

まあそれは、エゴです。でも、小池さんに演じてもらえることによって、見ている方が麻子にも感情移入できるようになるというところはあるかもしれません。

――板谷さんについてはいかがでしょうか?

板谷さんとは『anego』からなので、12年の付き合いになるでしょうか。お子さんが生まれたときから知っていて、仕事との両立についてなど、いろいろな悩みや喜びを話してきたので、そこはもうブレていませんでした。信頼枠です(笑)。

――一方、藤木さんは作品の中では父親代表という立ち位置ですが。

母と子の関係はホットになりがちなので、藤木さんはそこをうまく少し外から見て、2人を見守っていてほしいなと思っています。

――ある種、理想の男性像でもあるんですか?

私と脚本の水橋文美江さんにとって、『ホタルノヒカリ』でずっと部長をやっていただいた藤木さんは、どこか必ず理想の人になってしまうんです(笑)。「こういう人がいればいいのに」という人になってしまう。不器用で誠実だけど、嫌味なくちゃんと行動もする、という人に。多分、藤木さんも「俺にしてほしいことって、こうだろうな」と思ってらっしゃると思います(笑)。

●一つの軸となる中島裕翔、リアルな思春期を見せる道枝駿佑
○中島裕翔、道枝駿佑の印象

――男性陣の話になりましたが、児童福祉司の木野愁平を演じる中島さんはさらにもっと外から、という立ち位置でしょうか。

木野くんは「子供にとって一番大切なのは母親なんだ」ということを信念として持ってる人なんですが、物語の展開上、だんだん事態が彼の信念とずれていきます。彼は世間的な見方の象徴という役割で、その見方はもちろんとても大事なんですが、そこにこだわりすぎると、にっちもさっちもいかなくなる。

麻子と結衣が調和に向かっていくにつれ、木野くんが自分の信念について「実はそうでもないんじゃないかな」と、だんだん気づいていくことは、一つの軸になります。

――中島さんもこんな素敵な役者さんになるとは。

本当ですよね。それこそ、14〜5歳から見ていたので、びっくりですよ(笑)。不安定な時もあったはずだと思うのですが、「芝居をやる」ということに対して腹を括っているし、「俺が俺が」じゃなくて、与えられたポジションできっちり見せていくというプロフェッショナルさを身につけていて、ジャニーズにいないタイプかもしれません。新種ですよね。

昔は彼の中で、アイドルと役者のすみ分けが少し見つけられていない感じもあって、自分としては役者をやってきたいけど、そうじゃないところではアイドルらしさや華を求められるということに悩みがあったのかもしれない。でも、今はとてもうまくすみ分けられていると感じます。

――キーパーソンとなる息子役の道枝さんは、オーディションでの大抜擢だったというお話ですが、沢尻さんとどこか雰囲気が似ていますよね。

似てますよね。不思議なことに、藤木さんにも似ているんですよね。私の子供が16歳なんですけど、子供が親にどういう喋り方するかというと、実際ああいう感じなんですよ。とうとうとセリフを喋るようなことはなく、ぶっきらぼうで何を考えているのかわからない感じ。

――かなりリアルなやり取りを意識されてのキャスティングなんですね。

本当に、よくわかるんですよね。子供を見て「こいつ何か隠してるな?」と思う感じも”あるある”です(笑)。おもねるでもなく、演技を誇示することもなく、ただ自然に淡々と、物事に対してリアクションしていく感じこそ、リアルな思春期の男の子なんだと思います。

――役者陣にしても、物語の細部にしても、全体的にリアルさが求められているのでしょうか。

毎回必ず「親あるある」を入れていて、例えば1話で「ケータイ買ってあげるよ」と言うところがあるんですが、これもあるあるなんです。子供に好かれたいから、つい言っちゃうんですよ。言っちゃうけど、後ではたと「買っていいのか?」と揺れてしまう。

でも厳しくして、うちだけ持っていなかったらどうなんだ? とか、グルグルしちゃって、「誕生日だから」とか言い訳してしまうんですけど(笑)。徹底すればいいのに、結構揺れてしまうんですよね。そういう“あるある”もぜひ楽しんでください。

○ドラマ『母になる』(日本テレビ系、毎週水曜22:00〜)

3歳で誘拐にあった息子が、9年を経て13歳になって現れ、それに関わる3人の女性たちが傷つきながらも「母になる」までの物語。出演は、沢尻エリカ、藤木直人、中島裕翔、道枝駿佑(関西ジャニーズJr.)、高橋メアリージュン、浅野和之、風吹ジュン、板谷由夏、小池栄子ほか。

(C)NTV
(佐々木なつみ)

関連記事(外部サイト)