上戸彩、大好きな金魚にうっとり「動きをずっと見ていたい」

上戸彩、大好きな金魚にうっとり「動きをずっと見ていたい」

画像提供:マイナビニュース

女優の上戸彩が24日、都内で行われた展覧会「アートアクアリウム2017」開催概要発表記者会見に、アートアクアリウムアーティストの木村英智氏とともに出席した。

昨年に誕生10周年を迎え、来場者は累計730万人を超えた同水中アート展覧会。11年目となる今年は、東京・日本橋(7月7日〜9月24日)と京都・元離宮二条城(10月25日〜12月10日)の2会場で開催。東京会場は"龍宮城"をコンセプトとし、金魚を中心に海の魚たちも交えた幻想的な水中世界を表現。2年ぶりとなる京都会場は、アートアクアリウム史上最大の作品『超・花魁』が西日本初登場となる。

2014年に開催された「アートアクアリウム城〜京都・金魚の舞〜」以来、2度目の広報大使に就任した上戸は、「前回の京都では、時間外に見られたり、特別に自分のためだけに用意してくださったのかと思うほど、素敵なものをたくさん見させていただきました」と回顧し、「またあの時間を満喫できるのかと思うと嬉しくて、楽しみにしています」とニッコリ。背後に展示された作品"花魁"と"ボンボリウム"を眺めながら「金魚の動きをずっと見ていたいです。ボーっと見ていると1時間くらい経っちゃうくらい、異空間に連れていってもらえるというか…。この気持ちを皆さんに味わってもらいたいです」とうっとりしていた。

また、上戸は金魚が大好きだそうで「祭りの金魚すくいで金魚をすくいすぎて、水槽が小さいものから大きい水槽にして、ずっと家で金魚を飼っていました」とエピソードを告白。この日は同展覧会のイメージに合わせ、淡いピンクの艶やかな着物姿で登場したが、金魚型の帯留めを指差し「サンゴなんです。値段が付けられないって言っていました。貴重なものを付けられて嬉しいです」と声を弾ませた。

さらに、広報大使として上戸は「足を運んでいただかないと、体感できない魅力がたくさん詰まっていると思います。東京では室内なりの魅力が詰まっているし、京都では風邪を感じながら、お月様だったり雨だったり、天気を感じながら木村先生の世界観を味わっていただけると思います。来てみないと体感できない貴重な時間です。ぜひ皆さん楽しんでください」とアピールした。

関連記事(外部サイト)