亀梨和也、明治大学に親近感? サプライズ登場で学生に「野心」語る

亀梨和也、明治大学に親近感? サプライズ登場で学生に「野心」語る

画像提供:マイナビニュース

映画『美しい星』(5月26日公開)の特別授業が24日に東京・明治大学で行われ、リリー・フランキー、亀梨和也(KAT-TUN)、吉田大八監督が登場した。

同作は三島由紀夫の同名小説を原作に、舞台を現代に移し大胆に脚色して映画化。ある日突然「宇宙人」に覚醒した家族と、世界の関わり合いを描く。父親役のリリーが火星人、息子役の亀梨が水星人、娘役の橋本愛が金星人、母親役の中嶋朋子が地球人となる。

今回は明治大学文学部文芸メディア専攻 伊藤氏貴准教授の特別授業”三島由紀夫と映画『美しい星』”に、リリーと亀梨がサプライズ登場し、学生たちは声をあげて驚いた。リリーが「亀梨くん、女子大生がいっぱいいますよ」と話しかけ「亀梨くんは今日の授業、全員男子だと思ってたから」と明かすと、学生からも笑いが。亀梨は「山下(智久)くんの母校で、僕の親戚の子も明治でした」と、同大学に親近感を持っている様子だった。

学生からの「ドラマ『ボク、運命の人です。』と映画『美しい星』の役柄がどちらも野心家で、亀梨さんも野心家なんですか?」という質問に、亀梨は「一番に掲げてやってるわけではないですが、子供の頃に裕福じゃなかったので、プロ野球選手になって大きいお家建てたいという気持ちはありました」と真摯に答える。

亀梨はジャニーズに入ってからも「何百人もいる中で後ろになって、前の方の人を見て、ああいう衣装着たいなとか、マイク持ちたいなという感情の中でお仕事させてもらっていた」と振り返り、今でも「どういう自分でありたいかは、常に自分の頭の中にある」と明かした。

自分を「昭和寄りのタイプの男」と評した亀梨。「いい車に乗りたいとか、かわいい恋人が欲しいとか、いい時計が欲しいとか、大きいお家を建てたいとか、濃いほうかもしれないですね」と答えた。リリーは亀梨の言葉を聞いて「野心家というより、男らしいんですよね」と説明し、「男の子としてすごいたくましい人」と太鼓判を押した。

また、学生からの「どうやってやりたいことを見つけたか」という質問に、亀梨は「巡り合わせや出会いに、常に全力で向かっている段階」と自身を表す。「ジャニーズに入るまではプロ野球選手になりたかったけど、社長から『YOU、ジャニーズで野球やっちゃいなよ』という言葉に誘われて通い始めて」とキャリアを振り返りつつ、「絶対こうでなきゃダメだなと言う自分はないし、いまだに何屋さんなのかわからない」と心境を吐露。「その瞬間を楽しんで全うできる自分でいることが、今の状況です」と説明した。

さらに男子学生から「リリーさんのお尻がキュートだった」という感想が飛び出すと、リリーは「出演した作品で、お尻、3回に1ぺんは出してる」と苦笑。亀梨が「綺麗なお尻ですよね」と褒めると、リリーは「お尻の評判だけはいいんですけど」と告白し、教室を笑わせていた。

関連記事(外部サイト)